こんにちは、ソーシャルメディアマーケティングのエキスパートStatusbrewです。

新しいビジネスを始めるには、相当な根性と決意が必要ですよね。近年SNSでお金を稼ぐ方法など様々ありますが、ソーシャルメディア(SNS)でマネタイズする方法はインフルエンサーになるだけではありません。あなたがすでにご自身のソーシャルメディア活用を楽しんでやっている場合、得意だなと思う場合、マーケティング=売る仕組みを考えることが好きな場合、今度は「クライアントのアカウントを運用」することでお金を生み出せます。

ソーシャルメディア運用業者の必要性は、より多くの個人起業家、フリーランサー、および中小企業が煩雑なタスクを外注するにつれて成長し続けています。ソーシャルメディアマーケティング代理店(運用代行業者)は、SMMA(Social Media Marketing Agency)として訳されることが多く、日本だけではなく世界中でこれを本業・副業にしている人がいます。

よくTwitterやInstagramで#SNS運用#Instagram代行などのハッシュタグやアカウントを見つけませんか?このように個人事業主のソーシャルメディア代行業者としてクライアントを探している様子が伺えますね。

ソーシャルメディアの代行業はコンピューターデバイスとインターネット環境を持っている場合は特に開始するために多くの投資は必要なく始められます。

もちろん成長するにつれて、

・ソーシャルメディアマネジャー
・マーケティングプランナー
・コンテンツマネジャー
・広告運用マネージャー
など主要な人物を揃え、さらに付随してもっと細かく分けると
・クリエイティブディレクター
・ライティングディレクター
・デザイナー
・動画メディアディレクター
・キャスティングディレクター
など専門のプロを揃えた集団 = 代理会社になってゆきます。

目次
1章-ソーシャルメディア運用代行業者(代理店)になるには何が必要か?
1-1.様々なプラットフォームの知識
1-2.ソーシャルメディア運用代行ビジネスを始めるにあたって
2章-ソーシャルメディア運用サービスの価格設定と提供方法の決定
2-1.早速価格を決定する
2-2.パッケージプランの作り方のイメージが沸かない方へ
2-3.ソーシャルメディア運用代行サービスを収益性の高いパッケージにまとめる
3章-クライアントを獲得する方法
4章-クライアントのソーシャルメディアを管理する際に知っておきたいこと
4-1.どのくらいの頻度でソーシャルメディアに投稿すべきか?
4-2.どのくらい先にソーシャルメディアの投稿をスケジューリングすべきか?
4-3.クライアントに効果的なソーシャルメディアプランの作り方
4-4.ワークフローの一例
4-5.ソーシャルメディアデータの意味を理解し、クライアントにROIを証明する方法
4-6.アドバイス:小さな達成ステップを確実に報告しましょう

1.ソーシャルメディア運用代行業者(代理店)になるには何が必要か?

ソーシャルメディア管理(運用)ビジネスを始めることは全く「楽できる」仕事ではありません。複数の企業つまりクライアントのアカウントを管理するのはさらに難しいです。

マーケティングツールとしてのソーシャルメディアを理解すること、こちらが「写真を綺麗に撮ること」よりも大切です。ソーシャルメディアマーケティングにおいて多くの企業が苦戦している理由は、一般的で伝統的なマーケティングとは異なります。ソーシャルメディアは、市場との「対話」によって成り立つからです。

ただ、始めるに当たってすべてのソーシャルメディアのプラットフォームの仕様を知っておかなければならないのではなく、あなたが最もよく知っているソーシャルメディアチャネル(例:Instagram)に集中することができます

そしてすべてのクライアントがソーシャルメディアの使い方やソーシャルメディアを使ったプロモーション法を理解しているわけではないので、あなたが提供できるメリットを売り込む必要があります。またいちビジネスとしてクライアントのためにソーシャルメディアを運用するわけなので、個人ではなく会社を代表しています。つまり、企業の口調や社風、ブランド価値に基づいて、企業を代表してソーシャル上で行動する必要があります。

クライアントのために結果を出すことがもちろん求められますので、各ソーシャルメディアプラットフォームのポリシー、アルゴリズム、その他の面での変化を常に把握しておく必要もあります。クライアントのターゲットオーディエンスとの関わり方を理解していることに加えて、そもそも投稿に興味を持ってもらうためのグラフィックを作成する必要があります。

SNSの投稿予約サービスやロイヤリティフリーのグラフィック、グラフィック編集ソフトウェアなどのデザインツールにも投資する必要があります。(もちろん無料でやっていく方法もあります)

SMMAとして業務を行う上で、そして始める上で世界中で悩むことは同じだなという印象を受けています。

では、コンテンツの作成やソーシャルメディアの管理に頭を悩ませる中で、最初に乗り越えなければならないハードルは、あなたをバックアップする実績をあまり持たずに新しいクライアントを見つけることです。

こちらのガイドでは、基盤の構築からサービスのパッケージ化、クライアントの獲得、効果的なソーシャルメディアアカウント管理まで、成功する代行業を始めるために必要なすべてのステップをご紹介します。

1-1.様々なプラットフォームの知識

各ソーシャルメディアプラットフォームには、ベストプラクティスのためのルールと方法があります。それぞれのプラットフォームが大きく異なるため、ビジネスがInstagram上でどのように宣伝するかは、LinkedIn上でどのようにマーケティングするかとは異なるはずです。

クライアントの目標を満たす戦略を立てる能力 効果的なソーシャルメディアマーケティングには、目標を設定してから計画を立てることが必要です。また、ソーシャルメディアマネージャーは、クライアントがソーシャルメディアとその仕組みを理解し、ソーシャルメディアに最適な目標を策定するためにクライアントと協力する必要があります。例えば、調査によると、ソーシャルメディアを通じて売上が生まれることはほとんどないとされています。しかし、ソーシャルメディアは忠誠心と信頼を構築するのに効果的なので、エンゲージメントとリスト構築は売上よりも良い目標になるでしょう。

多くのクライアントのために複数のソーシャルメディアプラットフォームを管理する管理スキルも必要です。プラットフォームの管理を助けるStatusbrewなどのツールなどがありますので、そのようなツールに相談だけでもすることをお勧めします。

1-2.ソーシャルメディア運用代行ビジネスを始めるにあたって

ソーシャルメディア運用代行ビジネスを始める前に、基本的なノウハウと、それに固執する覚悟があるかどうかを確認しましょう。もしあなたが始める準備ができているのであれば、以下のステップを踏んでみましょう。

ソーシャルメディアを研究する:ソーシャルメディアのプラットフォームは日々変化します。特にそれぞれの「コミュニティガイドライン」は更新されるたびに熟読すべきです。なぜかと言いますと、ガイドラインつまり利用に関するルールに反する行動を起こすとその瞬間にアカウントが利用停止になったり、クライアントに損害を与えかねません。

Community Guidelines | Instagram Help Center
Instagramのガイドライン
Twitterサービス利用規約
Twitter利用規約

また、ソーシャルメディア上ですでに多くのエンゲージメントを持っているビジネスアカウント(クライアントと同じ業界のライバル)にも注意を払いましょう。どのような種類のコンテンツを投稿して、キャンペーンを行い人々の反応を引き起こしているのでしょうか?

2.ソーシャルメディア運用サービスの価格設定と提供方法の決定

あなたが提供するサービスを決定します。

クライアントによっては「ソーシャルの知識0でもう全部丸投げしたい」から「すでにビジョンがあるけど時間とお金を代理店に投資して任せたい」など様々です。

クライアントのアカウントをブランディングに合わせて作成してクライアントに管理を引き継ぐスタートアップサービスや、アカウントの作成からコンテンツの投稿、コミュニティのモデレート(監視監査)までを行うフルサービスパッケージなど、いくつかのパッケージを提供することができます。何を提供するかを決める際には、あなたが注力したい業界があるかどうかを考えてみましょう。例えば、ファッション系のアパレルECのためのソーシャルメディア運用代理店の場合、あなたが専門とするプラットフォームを決定します。(InstagramやFacebook、Pinterest)最初はジェネリックに全てのネットワークを網羅するよりも一つの業界、一つ〜二つのソーシャルメディアで大きな結果を享受するソーシャルチャネルに焦点を当てた方が良いです。さらに、クライアントの中には、FacebookやTwitterは知っていても、PinterestやYouTubeのヘルプが必要な人もいるかもしれません。

2-1.早速価格を決定する

見込み客にあなたのサービスを選択する理由を価格の提示と共に与えます。

このバリュー・プロポーションとは、クライアントのために解決したい問題をより深く掘り下げ、なぜあなた(の会社)がその仕事に適したエージェンシーなのかを説明するものです。

価値提案とは、3つのことを明確にするステートメントです。

関連性(Relevancy):あなたがどのように顧客の問題を解決したり、状況を改善したりするのか
定量化された価値(Quantified value):具体的な利点
差別化(Differentiation):競合他社ではなく、なぜあなたから買うべきなのかを説明する
見込み客はあなたに問い合わせする前にいくつかの代理店をチェックするので、あなたの価値提案はこの時点で明確にしておくべきです。

例1:Digital32 (海外)

ワイン業界の中でもワイナリーのためのソーシャルメディアを使ったマーケティングに特化したサービス。

関連性(Relevancy):ブランドを成長させる、公式ウェブへのアクセス数を増やす、Eコマース(卸売)の売上を増やすためのプロモーション、ワインクラブ会員の増員
定量化された価値(Quantified value):ワインファンが集まるソーシャルチャネルの把握とコンテンツの作成
差別化(Differentiation):ワイナリーのカレンダーに完全に合わせた投稿、インフルエンサーの採用〜キャスティングと運用

例:Tenmu (国内)

関連性(Relevancy):コンサルティング、戦略、マネジメント、計測などの一貫したソーシャルメディアサービスを提供
定量化された価値(Quantified value):「何をどうして分析するのか」を明確に納得のいくまで説明する分析と改善
差別化(Differentiation):クライアントに違和感を抱かせない密着コンサル

パッケージプラン作成例:Socially Contented海外)

こちらは仕事のボリュームをソーシャルネットワークの数ごとのプランを提供しています。

Socially Contented

2-2.パッケージプランの作り方のイメージが沸かない方へ

ソーシャルメディア運用代行サービスの価格設定のコツ:

・一律料金がベストです。ソーシャルメディアの管理は、毎日/毎月繰り返しの作業がメインのためです。

・プラットフォームごとに、毎月対応する作業を含むパッケージを作成します。以下のようにします。
例:Instagram、Facebook、Twitterそれぞれ週に何回投稿するのか?どのようなタイプの投稿を毎月どのくらいのコンテンツを作成するのか?

・毎月行う仕事の量に応じて、異なる価格設定のオプションを提供します。

・それぞれのタスクにどれくらいの時間がかかるかを考え、時給と複数の料金を設定します。

■メニュー
-ソーシャルメディアへの投稿
-ソーシャルエンゲージメント (UGC収集とコメント対応マニュアル作成)
-コミュニティ運営
-ソーシャルメディアのプロフィール設定と最適化
-FacebookとInstagram広告/ Pinterest広告
-ソーシャルメディア戦略と分析指標の設定と効果測定
-ソーシャルメディアコーチング、コンサルティング
-ビジュアルコンテンツ制作
-Youtubeマーケティング

下記のページの表を使用して、価格パッケージをマップアウトしてください。

価格、ソーシャルネットワークの種類、毎月のタスク、どのビジネス携帯向けか?

参照:Alma Bradford

Statusbrew Tips:Pinterestを使ったテンプレートを探そう

Pinterestで価格表やプラン内容のキットなどが多く紹介されています。Pinterestで'Social Media Management Pricing'や'Social Media Management packages'と検索すると、ワークシートがダウンロードできるウェブサイトにジャンプすることができますので探してみましょう。

2-3.ソーシャルメディア運用代行サービスを収益性の高いパッケージにまとめる


運用代行サービスを販売するための良い方法は、異なるパッケージプランを提供することです。クライアントが求めるものは様々で、見込み客を失うリスクを避けるためにもバリエーションを豊富にします。

■支払い方法を決める
どのように課金するのかを明確にしておく必要があります。主に3つのオプションがあります。

1 Monthly(月額)/recurring(繰り返し)/retainer - 毎月決まった日に支払いをして、毎月定期的にサービスを提供する場合に使用します。

2 プロジェクトベース - オーダーメイドのサービスで、コンサルティング、戦略セッション、ソーシャルモニタリング、クライアントへのソーシャルメディア知識の教育コンテンツの提供やトレーニングなど、多くの場合は1回限りのサービスを提供する場合に使用します。

3 時間単位/日単位 - 継続的なコンサルテーション、メンタリング、トレーニングなど、計画性の要素がある場合に使用され、時間の消費に応じて請求されます。

3.クライアントを獲得する方法

もはやここが一番難しいのではないでしょうか?そうです、クライアントを獲得する方法です。個人のそもそもの営業力も必要になってきますが、ソーシャルメディアのネットワーキングを利用しましょう。

今日では、あなたの始める代理店ビジネスだけではなくすべてのビジネスがソーシャルメディアでのプレゼンスを持っています。Facebook、ビジネス目的のLinkedIn、Instagram、またはTwitterのようなプラットフォーム上でクライアントを見つけるためにまずはポートフォリオ兼ランディングページになるようなソーシャルメディアページを作成しましょう。

拡散力の高さからTwitterとInstagramでの集客をお勧めします。冒頭で#SNS運用などハッシュタグで検索すると個人や法人の代理店が多く参加しているのが伺えます。

さて、ビジネスを開始したときに、特にソーシャルメディアマーケティングのような分野で最も求められている質問です。

何があなたの強みですか?例えば上記は英語を使って海外向けのPRや集客を強みとしています。

オンラインプレゼンスとポートフォリオ

あなたのスキル、資格、実践的な経験と共にポートフォリオをInstagramフィードやウェブページで作成して掲載しましょう。

引用:Productiveandfree

資料としてクライアントに出す内容として、上記の用にウェブ上で閲覧できるファイルを一冊まとめとして作成することをお勧めします。

・あなたが行うソーシャルメディアマーケティングとプロセス(1ヶ月のスケジュール)
・お客様の声
・Q & A
・タイムライン
・ケーススタディ
・付属サービスと料金シート
・ポートフォリオ/ショーケース

ウェブ上のSEO

ローカル検索のための最適化もしましょう。あなたのウェブサイトのホームページ、およびメタデータに適切なキーワードを挿入します。見込み顧客が簡単にあなたの代理店を見つけることができるように、ソーシャルメディアマーケティングサービスのウェブページを慎重に構成する必要があります。InstagramやTwitterでは特にハッシュタグも意識しましょう。

4.クライアントのソーシャルメディアを管理する際に知っておきたいこと

クライアントに日々、ソーシャルメディアをマーケティングの一種として活用することの利点を強調して、あなたが提供する価値を強化し続けてください。
クライアントにとっては、なぜ代理店に頼んだのかを忘れてしまうこともあります。それはクライアントにとっては「ソーシャルメディアで集客する」ことが彼らのメイン事業では無いからです。

レストランの場合は食事とサービスを提供すること、美容サロンだったらお客様を施術することが事業の内容だからです。

ソーシャルメディアがあなたのクライアントのビジネスに重要であることを証明することができる理由

1 - ソーシャルメディアは有料広告を除けば、無料で利用できます。しかし、それは時間がかかるものであり、それがあなたがクライアントのアカウントを管理している理由の一つではないでしょうか?

2 - 関連するソーシャルメディアチャンネルへの一貫した投稿は、ブランドの個性を形成するのに役立ちます。

3 - ソーシャルメディアは、世界でアクティブユーザー数が年々増え続けていることが統計で示されているように、クライアントのマーケティングにとって将来性のあるチャネルです。

4 - ソーシャルメディアは、双方向の会話に参加して、コミュニティとのエンゲージメントを構築することができます。

5 - エンゲージメントの副産物として、クライアントのオーディエンスはブランドの支持者となり、マーケティングにマイクロインフルエンサーの力を加えることができます。そのマイクロインフルエンサーのUGCを再利用して新たなマーケティングマテリアルになります。

6 - ソーシャルメディアは、ニュースレターに登録したり購入したりするよりも、会話に参加する方法が簡単なので、最もソフトなコンバージョンポイントの一つとなります。

7 - ソーシャルメディアは、特にコンテンツが多くのシェアを受けた場合につまりバズった時に、SEOを高めるのに役立ちます。さらに、ソーシャルメディア上でのエンゲージメントが高ければ、ソーシャルプルーフのおかげで、より多くのユーザーがあなたのブログやウェブサイトをクリックしてくれるようになります。

8 - ソーシャルメディアはトラフィックの安定したソースになる可能性が高いです。クライアントのソーシャルメディアの存在感が大きくなればなるほど、ブランドを信頼し、コンテンツを共有し、良い商品/サービスとして認識する人が増えていきます。

4-1.どのくらいの頻度でソーシャルメディアに投稿すべきか?


ソーシャルメディア代理店として、クライアントから「毎日投稿してほしい」「週3日してほしい」という申し出もあるかもしれませんが、どのようにして最適な公開頻度を決めるのでしょうか?

まず第一に、魔法の公式はありません。管理するブランドはそれぞれ異なるため、あるブランドで通用するものが別のブランドのアカウントで通用するとは限りません。そのため、管理するクライアントごとに、カスタムプランを作成する必要があります。

魔法の公式を求めるのではなく、カスタマイズされたマーケティングプランの戦略に焦点を当てていることをクライアントに伝えましょう。

投稿頻度よりも投稿の一貫性が重要です。
コンテンツの量よりもコンテンツの質の方が重要です。
ソーシャルメディアを運用する目的とKPIがなければ、投稿内容が成功しているかどうかはわかりません。
戦略すべてを提案書に織り込むことで、正しい期待値を設定し、クライアントの思考を「量より質」という考え方にシフトさせることができます。

4-2.どのくらい先にソーシャルメディアの投稿をスケジューリングすべきか?


あなたのクライアントのソーシャルメディアの投稿をあらかじめ予約することは、複数のプラットフォームにわたってコンテンツの一貫したストリームを維持するためのもっとも有力な方法です。さらに、あなたがオフラインのときにコンテンツを投稿することができます。

もちろんクライアントから必要な情報(イベントやキャンペーン、セール情報やメディアの配信情報)の提出が遅れる場合はギリギリになってコンテンツの作成もドタバタになる場合もよくあります。そんな時こそ用意できるコンテンツは準備しておくことでそのドタバタに対応しやすくなります。

しかし、あまりにも先にスケジュールを立てすぎると、計画した内容を見失う可能性があります。また、上記のように突発的な出来事やトレンドにも対応できる柔軟性が必要です。

ニッチや業界によって動きのスピードが異なるため、クライアントごとにそれを考慮する必要があります。

例えば、仮想通貨のようなフィンテック業界や不動産業界は、速いペースと時間に敏感なので、事前に1週間のスケジューリングは十分です。しかし、旅行業界はもっとゆったりなので、事前に数週間のスケジュールを立てることができます。

コンテンツ予約の際に気をつけること:

・コンテンツが関連性のあるものであることを確認する。
・状況が変化した場合には、迅速に対応する。
・パフォーマンスを追跡し、必要に応じてキャンペーンを調整する。
・クライアントのコンテンツが新鮮なままであることを確認するために、毎日各ソーシャルネットワーク上で動きをチェックする

4-3.クライアントに効果的なソーシャルメディアプランの作り方


コンテンツを公開したい頻度や、投稿のスケジュールをどのくらい先にするかを考えた結果、ついに効果的なソーシャルメディアの計画を作成する時が来ました。

ここに考慮すべき重要なことがあります。

ステップ1 - ソーシャルメディア計画がクライアントに提案した内容と一致しているか再度確認する。そこに目標とする指標(KPI)も記載されていることをチェック。

ステップ2 - 比較するためのベンチマークがあるように、重点を置くソーシャルメディアネットワークを監査する。

ステップ3 - コンテンツを計画し、ソーシャルメディアのエディトリアルカレンダーを作成する。オリジナルコンテンツとキュレーションコンテンツはタグなどを用いて分けましょう。

ステップ4 - コンテンツの各部分(画像/動画、キャプションやハッシュタグ)を作成し、カレンダーを埋めながら、クライアントのブランディングに応じているかチェック。

ステップ5 - クライアントとの承認ワークフローを準備します。クライアントからコンテンツへの承認を得てコンテンツをスケジュールし、ファンやフォロワーとのエンゲージを行います。

ステップ6 - 結果をモニターして測定。

ステップ7 - 結果に応じて計画を調整します。

ちなみに:用語「ソーシャルメディア計画」と「ソーシャルメディア戦略」は、ほぼ互換性を持って使用されています。計画が目標を達成するための方法と活動であるのに対し、戦略は高レベルの目標に焦点を当てています(戦略はどちらかというとあなたが提案書で概説するものに近い)

4-4.ワークフローの一例:

  1. 公式アカウント開設支援
    - テキストの準備
    - アイコン・カバー画像の設定
    - プロフィール設定
  2. 調査・分析
    - 競合状況
    - セグメント・ターゲット策定
    - 顧客ニーズ分析
  3. コンサルティング
    - 初期構築設計
    - ガイドライン策定
    - 運用設計
    - KPI設定
  4. 運用・監視
    - 投稿コンテンツの企画
    - 投稿コンテンツの作成・投稿代行
    - コメント返信
    - コメント監視(24時間)
    - 広告・キャンペーン
  5. 効果検証・レポート
    - レポート
    - 定例会

4-5.ソーシャルメディアデータの意味を理解し、クライアントにROIを証明する方法


クライアントのためのソーシャルメディアマーケティングを管理する上で、大きな部分を占めるのが分析結果のレポートです。各クライアントは結果を出す=集客のためにあなたにお金を投資しており、毎月の進捗報告を見ることをもちろん期待しています。

たくさんのソーシャルメディア活動を提供することは一つのことですが、それがクライアントにとって有益なものであることを実際に証明するにはどうすればいいのでしょうか?

ソーシャルメディアマーケターにとって最も困難な課題はROIを測定することです。それはソーシャルメディア上のインサイト(分析指標)とビジネス上の指標と数字が必ずしも一致するという根拠が証明され辛いことも関係しています。もちろんECの場合はリンクのトラフィックなどで証明もできますし、最近ではEコマースプラットフォームShopifyとソーシャルメディアを連携してソーシャルメディアとの因果関係を分析することができるようになってきました。

ソーシャルメディアマーケティングを促すことによって生み出されるデータの意味を理解し、それをクライアントに意味のある方法で報告することが課題なのです。

何を測定したいのか、どのように測定するのかを確認しましょう。

1 - 各ソーシャルネットワークは、あなたのブランドのパフォーマンスを証明するのに役立つインサイトと分析データを提供しています。例えばInstagramのインサイトはこのようにモバイルアプリから確認できます。

[Instagram指標の用語集と計算方法の決定版!]

2 - Googleアナリティクスでは、ウェブサイトのアクティビティをトラッキングすることで、データ収集の幅を広げることができます。例えば、訪問者がどのソーシャルネットワークから来たのか、どのくらいの時間サイトに滞在したのか、どのコンテンツをダウンロードしたのか(リードジェネレーション)などを確認することができます。

Statusbrewからのヒント - UTMパラメーターを使用してGoogleアナリティクスのデータを強化することができるので、クライアントがソーシャルメディアへの投資に対してリターンを得ていることを証明することができます。

3 - 分析データを包括するソーシャルメディアマーケティングツールの導入もぜひ検討しましょう。基本的に投稿機能、エンゲージ機能、分析機能とセットになっている場合がほとんどです。

またこのようなツールはネイティブツールが提供していない分析レポートもあるのでチェックして見ましょう。

4-6.アドバイス:小さな達成ステップを確実に報告しましょう


マイルストーンを達成するたびに、クライアントに嬉しいニュースとして報告しましょう。
クライアントは、あなたがブランドの成長に貢献していることを知ることができますし、さらにソーシャルメディアの運用に力を入れるためのモチベーションにもなります。
大きな成果に限定される必要はありません。小さな勝利を積み重ねながら全体の目標を達成していき、定期的に行われるクライアントとのレビューミーティングで報告します。

ここでは、クライアントと共有できる達成ポイント:

・肯定的なレビューの数と内容
・UGC(ユーザ生成コンテンツ)の数と内容
・他のブランドからのコメントの数と内容
・業界のニュースに@メンションされて取り上げられた

いかがでしょうか?

ソーシャルメディアの運用をする代理店ビジネスを開始するにあたって考慮すべきことは多くありますが、Statusbrewにはソーシャルメディアマーケティングに関わるリソースが全て揃っていますのでブログでぜひ学んでください。

また代理店様がクライアントのアカウントを管理する具体的な方法についてもぜひお読みください。