こんにちは、Statusbrewです!

StatusbrewはInstagramに特化した次世代ソーシャルメディアマーケティングツールです。

Statusbrewのダッシュボードです。もちろん全て日本語対応しています!

・Publishing(投稿機能)
・Engage(エンゲージ機能)
・Listening(ソーシャルリスニング機能)
・Report(レポート分析機能)

と4つの主要機能がありますが、まずはPublishing、投稿機能がなければ始まりません!

StatusbrewはもちろんInstagramだけではなく、

・Facebook
・Twitter
・LinkedIn
・YouTube(一部機能のみ)
・Google My Business

とほぼすべてのソーシャルチャネルを運用いただけます。

Statusbrewには各ネイティブのソーシャルメディアプラットフォームだけでは出来ない機能がたくさん詰まっています。Twitter、Instagram、Facebook、それぞれネイティブアプリに連携機能は備わっていても、いざ投稿するときは別々のプラットフォームから発信していることが多いのではないでしょうか?しかもソーシャルネットワーク毎に複数のアカウントを運用していると、コンテンツのスケジュールは別のアプリで管理、社内で情報共有したいビジネスオーナー様、担当者様が多いのではと思います。

一貫性を保った投稿でブランディングアップしたい!

・一つのコンテンツの中のどの要素がオーディエンスの心に響いたのかリサーチしていきたい

予約するコンテンツをきちんと計画立てたいし社内で共有していたい

という企業様、個人の方には必見です。ではStatusbrewの7つにポイントを絞って投稿機能をご紹介します。

1.直感的に使える美しいプラットフォーム - Compose

Statusbrewではコンポーズというプラットフォームにてコンテンツを作成します。すべてのプラットフォームで投稿が共有できるだけでなく、各プラットフォームに合わせて微調整することが可能です。以下の例に示すように、指定したタブで投稿のコア(キャプションと画像)にプラットフォーム固有の要素を追加できます。

画像の右セクションでは、投稿のプレビューがリアルタイムで更新され、各プラットフォームで閲覧者にどう見えるかをチェックできます。

Statusbrew Publishing: Composer

UTMキャンペーンURLビルダーでトラッキング可
・Bit.lyとのインテグレーションあり!URLリンクを短縮
・絵文字の挿入OK
・位置情報やターゲティング機能あり
などなど…

を使って文書を作成後は、メディアを追加します。Statusbrewではメディアを

・ご自身のローカルファイル
・著作権フリーのプロフェッショナルな写真の宝庫であるUnsplash、Pixabay
・Google Drive、Box、DropBoxのような外部クラウドストレージ
・Statusbrewオリジナルのブランドアセット管理ツールAsset Manager

よりお選びいただけます。
そして大量のコンテンツを毎月、毎日発信しているブランド/企業様へはCSVを利用した一括アップロード予約をオススメしています。


2.メディアやハッシュタグなどのデジタル資産をチームとシェアする - Asset Manager

Statusbrewオリジナルのクラウドストレージ+ハッシュタグ管理ツールです。発信コンテンツに用いるメディアやハッシュタグをタグ別、ステータス別などであらかじめ保存しておくことが出来ます。

Hashtag & Instagram Media

またタグをあらかじめつけてカテゴライズしたり、この画像と共にマーケティングキャンペーンに対する施策をチームとレビューし合うことができます。


3.プロ仕様のデザイン編集ツール搭載 - Media Editor

Instagramは特にビジュアル重視のメディアプラットフォームのため、画像のフォーマティングなど最新の注意を計りましょう。コンポーズにすでにビルド式でプロのデザイナーが使うデザインツールが付属していますので、こちらで必要であれば画像を編集できます。

Instagram Media Editor

4.動画を使ったマーケティングに寄り添う編集ツール - Video Publishing Tool (Twitter Media Studio)

FacebookとTwitterにおいてはサムネイル、動画のタイトルと説明など全て編集が可能です。またTwitterに関してはプロメディアAPIと呼ばれるTwitter Media Studioの機能がそのまま搭載しています。

5.コンテンツを思うままにカテゴライズしてパフォーマンスに生かすタグ - Content tagging

Statusbrewオリジナル機能であるタグをどんどん活用しましょう。例えば...

こちらはとあるワインショップを経営するお客様の物を許可をいただいてご紹介します。

・価格帯別
・ヴィンテージ別
・商品(銘柄)別
・種類別
・生産者別
・キャンペーン別

などと非常に細かくタグを作成して、各投稿に該当するタグを付与しています。

他にもECやインフルエンサーマーケティングの企業様は、
・インフルエンサー/インスタグラマー別
・シーズン別
・開催イベント別

などそれぞれのビジネスにあったタグをオリジナリティを生かして作成しています。

このタグ別のパフォーマンスがのちに機械学習でポジティブ/ネガティブ分析に繋がりますので、次の投稿に向けてどうすべきか、良いところはどうキープすべきか「次の決断」に繋がります。私たちが一番オススメしている機能です。

投稿の予約送信後でもタグ付けができますよ!

6.選べる予約投稿の種類

同時投稿に際して、個々のキャプションの加筆修正にも対応しています。もちろんFacebook、Instagram...を別々にスケジュール設定してもOKです!投稿の準備ができたら、すぐに公開するか、後で自動公開するかも自由に選択できます。

6-1. 承認ワークフロー

Statusbrewでは、投稿の社内申請・承認業務の迅速化をはかる承認ワークフローが備わっています。ご自身もしくは社内のメンバーが作成したコンテンツは、最終的に責任者に申請してチェックしてもらうことができます。承認者となる人やグループに宛てて申請をして、承認者は承認もしくは却下作業をコメント共に送信することができます。

6-2. カテゴリ投稿

Statusbrewでは予約投稿の方法が2つご選択いただけます。一つはカスタム予約として何月何日何時何分とスロット式で1分単位でセットします。

二つ目はカテゴリ投稿と言ってあらかじめテレビ番組表のように、カテゴリを作って枠を確保しておくものです。さらに世界中のタイムゾーンに合わせることができるので時差を乗り越えて発信します。

オーディエンスやフォロワーがもっともアクティブな時間帯を狙い定めて予約すれば、ビジネスアワー以外にもリーチできます。これまで接点のなかったユーザーにもあなたのブランドを認知してもらえる機会でもあります。Statusbrewは世界中全てのタイムゾーンに対応しているので、グローバルに展開する企業やブランド様にぜひ利用してもらいたい機能です。

例えば私たちStatusbrewはこのように

・Morning Commute Digest
・Evening Commute Entertainment

と日本のお客様向けにカテゴリを作っています。
朝は皆さんの大体の通勤時間に合わせて電車の中でがっつり読めるマーケティングについてのネタ、夜は疲れているであろうということで深入りしたものではなく楽しくさらっと読んでいただけるもの

としています。

Statusbrew Planner 


7.エディトリアルプランナー - Editorial Planner/Calendar

予約した投稿や承認申請した投稿はStatusbrewのプランナーにリスト上もしくは月間/週間カレンダー式に上記の画像のようにリストアップされます。

ステータス別、プロファイル/プロファイルグループ別にフィルタリングして自分が常にチェックしておきたい担当のアカウント専用のボードを作成することもできます。

Statusbrew Publishing: Planner 

プランナーから、Twitterで誰がリツイートしたか、もしくはメンションコメントをしたかなどユーザーの一覧表をCSV形式でエクスポートすることも可能です。こちらはTwitterキャンペーンを行う際に非常に便利です。

8.チーム向けのソリューション - Team Collaboration

あなたの企業のソーシャルメディア運用者の時間を節約することと、作業プロセス合理化の両立をStatusbrewではかりましょう。
ワークフローは全て整理整頓されており、Statusbrewでは難しく考える必要はありません。

8-1.ディスカッションできるInternal Note(社内共有ノート)

プランナー上に予約投稿がセットされるか、または下書きとして保存されると、Statusbrewでは各投稿の社内共有ノートがアクティブになります。投稿のステータスの変更がすべて細かく社内の担当者(マーケティングチーム)に表示され、複数人で運用する場合には一言メモを残したり、役割 を確かめたりができる場になります。

8-2.割り当てユーザー (アサイニ―)

チームの中で、投稿のフローをチェックする社内もしくは代理店の担当者をアサインします。こちらが空白の場合は、自動的にコンテンツ作成者が担当者に割り当てられます。


Statusbrewの投稿機能は今後どんどん進化します。Instagramのストーリー用コンポーズも近々リリース予定です。

IG Stories Scheduler (Coming Soon)