Instagramフィード・ストーリーズの自動予約投稿がしたい!-Statusbrewの投稿機能-

Instagramフィード・ストーリーズの自動予約投稿がしたい!-Statusbrewの投稿機能-

2022年3月21日 5 min read

こんにちは、InstagramマーケティングのエキスパートStatusbrewです!

StatusbrewはInstagramのフィードとストーリーズの予約投稿機能に特化したツールです。

2022年3月、ついにStatusbrewから複数画像の自動予約投稿が可能になっていますので、ぜひこちらの記事を導入のご参照にいただければ幸いです。

Statusbrewというマーケティングツールは、

ビジネス目的でInstagramを運用し、

代理店としてクライアントやインフルエンサーのInstagramアカウントを管理したい
・社内でInstagramコンテンツのタスク管理がしたい
・Instagramキャンペーンの計画をきちんと立てて追跡したい

すべてのマーケター、代理店様のためのtoB向けプロ仕様プラットフォームです。特にEC運営者様、ブランド様、代理店様のために設計されています。

StatusbrewにはInstagramマーケティングに必要な

・予約投稿機能
・エンゲージメント管理機能
・ソーシャルリスニング機能
・分析機能

と4つの主要機能がありますが、本日は予約投稿機能についてご紹介します!

1. Statusbrewの投稿機能「コンポーズ」
2. 直感的に使える美しいエディター機能
3. 選べる予約方法-最適な投稿時間をつかもう-
4.タスク管理用エディトリアルプランナー

1. Statusbrewの投稿機能「コンポーズ」で一括予約投稿

StatusbrewはもちろんInstagramだけではなく、

・Facebook
・Twitter
・LinkedIn
・YouTube(一部機能のみ)
・Google My Business
・Pinterest

とほぼすべてのソーシャルチャネルを運用いただけます。

Statusbrewには各ネイティブのソーシャルメディアプラットフォームだけでは出来ない機能がたくさん詰まっています。Twitter、Instagram、Facebook、それぞれネイティブアプリに連携機能は備わっていても、いざ投稿するときは別々のプラットフォームから発信していることが多いのではないでしょうか?

また、ハッシュタグやキャプションなどどこかメモ帳にあるものをコピー&ペーストして投稿作業を行なっていませんか?しかもソーシャルネットワーク毎に複数のアカウントを運用していると、コンテンツのスケジュールは別のアプリで管理、社内で情報共有したいビジネスオーナー様、担当者様が多いのではと思います。

2. 直感的に使える美しいエディター機能で複数画像を自動予約

Statusbrewではコンポーズというエディター画面にてInstagramコンテンツを作成します。ダッシュボードからコンポーズを選択すると、こちらのスクリーンが開きます。これを「エンプティ・スクリーン(白紙のスクリーン)」と呼んでいます。

画像の右セクションでは、投稿のプレビューがリアルタイムで更新され、各プラットフォームで閲覧者にどう見えるかをチェックできます。

左側がエディターです。ソーシャルチャネルとしてInstagramを選びキャプションを選んだら、メディアを選択します。メディアの追加方法も多種多様です。

・ご自身のローカルファイル
・著作権フリーのプロフェッショナルな写真の宝庫であるUnsplash、Pixabay
・Google Drive、Box、DropBoxのような外部クラウドストレージ
・Statusbrewオリジナルのブランドアセット管理ツールAsset Manager

よりお選びいただけます。

選択した各画像にタグ付け、位置情報の選択をしたのちに、予約フローに入ります。

他のソーシャルチャネルも同時に編集

同時投稿に際して、個々のキャプションの加筆修正にも対応しています。右側のプレビューに、選択したソーシャルチャネルのプレビュー画面が同時に並ぶので、画像のサイズ感やテキストのバランスを一覧しましょう。

Canvaとの連携

オーストラリア発のグラフィックデザインツールCanvaと連携しています。メディアを追加する際に「Canvaで作成」を選択すると自動的にCanvaエディターが立ち上がます。Instagramストーリーズやフィードなど美しいテンプレートを使って自由に編集したら、そのままStatusbrewで予約フローに入ることができます。

3. 選べる予約方法-最適な投稿時間をつかもう-

投稿を作成したら、その投稿をどうするか決めていただけます。

・今すぐ投稿(Send Now)
・いったん下書き(Draft)
・予約する(Schedule)
・予約して複製(Schedule and Duplicate)

予約方法は大きく分けて2つあります。

・カスタム時間
・カテゴリー時間

<カスタム時間>で投稿すると、2022年4月25日の17:25のように、スロット式で1分単位でセットします。

<カテゴリー時間>あらかじめテレビ番組表のように、カテゴリを作って投稿の時間枠を確保しておくものです。さらに世界中のタイムゾーンに合わせることができるので時差を乗り越えて発信します。

オーディエンスやフォロワーがもっともアクティブな時間帯を狙い定めて予約すれば、ビジネスアワー以外にもリーチできます。これまで接点のなかったユーザーにもあなたのブランドを認知してもらえる機会でもあります。Statusbrewは世界中全てのタイムゾーンに対応しているので、グローバルに展開する企業やブランド様にぜひ利用してもらいたい機能です。

カテゴリーとは?:時間枠、プラットフォーム、コンテンツの種類に基づいて、コンテンツの予約方法を振り分けることです。例えば、動画コンテンツは平日の15:00に繰り返すなど時間枠をあらかじめセッティングしておきます。動画、カルーセル投稿、ブログ記事のシェアなどの最適なパフォーマンス時間の違いを、すべての異なるソーシャルプラットフォーム上で把握することができます。

カテゴリーを選ぶか、カスタム時間を選ぶか決めていただけますが、Statusbrewでは断然カテゴリー投稿をお勧めします。

特にInstagramでは最適な時間を把握していくことが、オーガニックで勝つ鍵となります。詳しくはこちらから!

ソーシャルメディアの投稿はカテゴリー化しよう!!
「コンテンツをカテゴリー化」とは、時間枠、プラットフォーム、コンテンツの種類に基づいて、コンテンツの予約方法を振り分けることです。コンテンツの種類をバランスよく振り分けて最適な時間帯に投稿していくためのワークフローを構築しませんか?

承認ワークフローを取り入れたダブルチェック予約プロセス

Statusbrewでは、投稿の申請・承認業務の迅速化をはかる承認ワークフローが備わっています。ご自身もしくは社内のメンバーが作成したコンテンツは、最終的に責任者やクライアントに申請してチェックしてもらうことができます。承認者となる人やグループに宛てて申請をして、承認者は承認もしくは却下作業をコメント共に送信することができます。

4. タスク管理用エディトリアルプランナーで一覧化

予約した投稿や承認申請した投稿はStatusbrewのプランナーにリスト上もしくは月間/週間カレンダー式にリストアップされます。

ステータス別、プロファイル/プロファイルグループ別にフィルタリングして自分が常にチェックしておきたい担当のアカウント専用のボードを作成することもできます。

4-1.ディスカッションできる社内共有ノート

プランナー上に予約投稿がセットされるか、または下書きとして保存されると、Statusbrewでは各投稿の社内共有ノートがアクティブになります。投稿のステータスの変更がすべて細かく社内の担当者(マーケティングチーム)に表示され、複数人で運用する場合には一言メモを残したり、役割 を確かめたりができる場になります。

共有ノートでの内容は、わざわざStatusbrewで確認せずとも、
・Eメール
・Slack
にて通知を受け取ることができます。

4-2.タスクをユーザー (アサイニ―)に割り当て

チームの中で、投稿のフローをチェックする社内もしくは代理店の担当者をアサインします。こちらが空白の場合は、自動的にコンテンツ作成者が担当者に割り当てられます。

いかがでしたでしょうか?

Instagramやその他の予約投稿、タスク/プロジェクト管理はStatusbrewにお任せください。

Tags

Explore the Statusbrew range of social media tools

Cancel anytime!



Hisami Matsubara

インド発!ソーシャルメディアマーケティングツールStatusbrewのカスタマーサクセスマネジャーそしてJapan Growth Headです。日本事業立上げのため2019年単身で渡印🇮🇳しました。ソーシャルメディアにおいて私たちが最も大切だと信じるエンゲージメントとアナリティクスをメインに執筆しています。 元アパレルベンチャー出身、岐阜県育ち、Burgundy wine enthusiast.

{{!-- --}} {{!-- --}}