こんにちは、InstagramマーケティングプラットフォームStatusbrewです。

Statusbrewではこれまでに、Instagramの予約投稿管理やハッシュタグ分析ツールなどの機能を提供してまいりましたが、この度ついにハッシュタグリスニング機能が登場しました!!

まずソーシャルリスニングとは?

ソーシャルリスニングとは、公開されているソーシャルメディア上の会話をモニタリングして、あなたの企業ブランド・商品名、業界、競合他社など、またはビジネスに関心のあるその他のトピックに関するインサイトにアクセスすることです。

いわゆる企業版エゴサーチですね。なぜ大事かというと、ユーザーの会話から得られる情報がマーケティング戦略の源泉になるからです。
ソーシャルメディアでのユーザーの発言を継続的に取得し、会話量を前年度と比較したり、長期的なトレンドを理解したりとできることが無限です。ユーザーの製品やサービスに対する評価やユーザー自身の体験などあらゆる意見が無数に存在するのがソーシャルメディアです。会話を傾聴することで、顕在化していない評価を得て、さらなるカスタマーソリューションに繋げます。

StatusbrewのInstagramハッシュタグフィードとは?

まったく新しいInstagramハッシュタグ機能を使用して、複数のハッシュタグフィードを作成し、Instagramで目的のハッシュタグ周辺のアクティビティをモニタリングします。ハッシュタグをモニタリングすることで、Instagramマーケティングの幅がぐんと広がります!

コミュニティをモニタリングしてインフルエンサーの発掘に!

インフルエンサーマーケティングを採用している場合は、より良いインフルエンサーの発掘のためにも使えます。業界に関わるコミュニティハッシュタグのフィードを作成し、ブランドエンゲージメントの機会を伺うために投稿をモニタリングしましょう。
良いエンゲージメント率の計算方法はこちらの記事をご参照ください。

ユーザー生成コンテンツ(UGC)のリポスト

Statusbrewから直接ユーザーが作成した画像や動画の投稿(ユーザー生成コンテンツ)を再投稿して、オーディエンスとの有意義なつながりを築きましょう。特にEC運営者の方、商品レビューはInstagramのストーリーズで公開することをオススメしますよ!

高品質のコンテンツをStatusbrewオリジナルストレージに保存する

ワンクリックで、キャプション、画像、ビデオなどのInstagramの投稿コンテンツをStatusbrewのアセットマネージャーに直接保存します。
アセットマネジャーは単なるクラウドストレージではなく、ハッシュタグやアイディアをあなたのチームメンバーとシェアしたり承認申請をしたりできるメディア資産管理ツールです。


Instagramハッシュタグフィードというメニューからハッシュタグを追加します。追加した後はハッシュタグごとのフィードというストリーム上にリアルタイムで投稿を取得します。投稿の横にある3つのドットのメニューをクリックして、キャプションを翻訳したり、アセットマネージャーに追加して「インフルエンサー」などタグをつけて管理したり、良いなと思ったUGCはリポストすることができます。
これらの機能はいずれもまだ検証段階(2020年10月末時点)ですが、11月には正式リリースの予定です!

他にもStatusbrewはInstagram分析レポートなどInstagramマーケティングのためのツールをご用意しています。
コンテンツの計画、チームとの承認ワークフローなどお任せください。