全てのフォロワーが投稿を見てくれるわけではない!?リーチとインプレッションの意味とバランスについて

全てのフォロワーが投稿を見てくれるわけではない!?リーチとインプレッションの意味とバランスについて

2022年1月24日 5 min read

こんにちは、ソーシャルメディアマーケティングのエキスパートStatusbrewです!

ソーシャルメディアアナリティクスについて有益な情報をいつも掲載しています。

本日はソーシャルメディアマーケティングにおいて最もメジャーなメトリクス、リーチとインプレッションについてお話ししたいと思います。

インプレッションとリーチの違い、そしてそれらがSNSマーケティング戦略にどのような影響を与えるかについてご存知でしょうか?

インプレッションとリーチは、どちらもマーケティングレポートに含めるべき貴重な指標です。しかし、これらは本質的に異なるものであり、目標を追跡しながら独自のKPIを開発することにつながる可能性があります。

本日は、インプレッションとリーチの違い、それぞれの機能、そして各ソーシャルメディアプラットフォームにとってなぜそれらが重要なのかをご説明します。

さらに、インプレッションとリーチをプラットフォーム別に分類し、どこに焦点を当てるべきかを説明します。

1:インプレッションとリーチ。その違いとは?


一般的に、リーチとは、あなたの投稿や広告を何人の人が見たかを表します。つまり単位としては「28人」のように「人数」です。

これはあなたのフォロワー全員というわけではなく、実際にあなたの投稿を見るのはそのうちの何パーセントかに過ぎません。

一方、インプレッションは、あなたのコンテンツが誰かの画面上に何回表示されたかを示す指標です。

多くの人が、リーチとフォロワー数を比較して混乱します。この2つの数値は等しいはずだと思い込んでいる場合があります。投稿を公開すれば全てのフォロワーに発信されると思いがちですが、そうではないのです。

あなたのリーチがあなたのフォロワー数よりも低いことにお気づきかもしれません。リーチは、あなたのページや広告を見る機会が何回あったかではなく、実際に何人に見られたかをカウントするからです。

フォロワーが1,000人いて、100人しか見てくれなかったら、リーチは100(または10%)です。

しかし、実際にはフォロワー数よりもリーチ数が多い場合もあります。それは、あなたの投稿を、あなたをまだフォローしていない人にシェアしてもらうことで、フォロワー数を超えるまでリーチが増えることがあるからです。

これをバイラルなマーケティング戦略とも呼びます。

インプレッションは、それほど有用ではありません。ここでは、「実用的」という言葉の方が適切かもしれません。インプレッションは、あなたの投稿や広告が画面に表示された回数をカウントするもので、基本的にあなたの潜在的なリーチとなります。

そして、同じユーザーが自分のフィードにあなたの投稿や広告を複数回表示させることができるので、それらは1つ以上のインプレッションとしてカウントされます。

あなたの投稿が100人に見られて、そのうちの1人が3回見た場合、リーチは100、インプレッションは300となります。

2:ソーシャルネットワークごとのインプレッションとリーチ

各ソーシャルメディアは、リーチやインプレッションを独自の方法で算出しています。そのため、異なるプラットフォーム間で投稿のパフォーマンスを比較することが困難な場合があります。

各プラットフォームから取得できるデータを知ることで、キャンペーンの成功をより正確に判断するためのKPIを設定することができます。

2-1: Facebookにおけるインプレッションとリーチ

リーチとインプレッションの内訳については、Facebookが最も細かいのではないでしょうか?

Facebookは以下の3つの種類のインプレッションとリーチのメトリクスがあります。

オーガニック(Organic):広告を利用していない、オーガニックなコンテンツが人々のフィードに自然に何回表示されたか(インプレッション)と、何人のユーザーがそれを見たか(リーチ)です。
ペイド(Paid):広告コンテンツが獲得したリーチとインプレッションを測定します。
バイラル(Viral):あなたのコンテンツが他の人に共有されて何人の人が見たか(リーチ)、共有されて何回誰かのフィードに表示されたか(インプレッション)が分かります。
Facebook広告分析の場合、広告の配信インプレッション数と閲覧インプレッション数も表示されます。

Facebook広告の分析指標は非常に多いですが、Statusbrewではオーガニック/広告と全てのFacebook分析の指標を提供するアナリティクスツールがあります。

配信されたインプレッションは、広告が誰かのフィードに配信されたことを意味するだけで、広告が表示されるまでにスクロールダウンしなかったり、広告が表示される前に移動したりする可能性があります。

閲覧インプレッションは、広告が実際にフィードに表示されたときに、その広告とインタラクションしなかった場合のインプレッションです。

2-2: Twitterにおけるインプレッションとリーチ

Twitterではリーチに該当するメトリクスはありませんが、その代わり、インプレッションに焦点を当てています。インプレッションとは、フィード経由、検索、ツリー会話の一部など、あなたの投稿が誰かに表示されるすべての回数のことと定義しています。

しかし、インプレッションは貴重な指標ですが、リーチよりも実用的ではないことを忘れないでください。Twitterにおいてはエンゲージメントによって結局どれだけの人があなたのTwitterコンテンツに興味を持ってくれたのかがわかりますので、インプレッションに対してのインタラクトに注力しましょう。

2-3: Instagramにおけるインプレッションとリーチ

Instagramでは、Facebookまで細かな内訳はありませんが、リーチとインプレッションの両方をトラッキングすることができます。リーチは何人のユーザーがあなたの投稿やストーリーズ、リールを見たか、インプレッションはあなたの投稿やストーリーが何回人々のフィードに表示されたかを表しています。

繰り返しになりますが、一番やってはいけないことは、これらをKPIにせずに指標として見ることです。つまり、インプレッションやリーチを目標にしないのであれば、エンゲージメントに焦点を当てた方が良いということです。

2-4: LinkedInにおけるインプレッションとリーチ

Facebook、Twitter、Instagramでは、一定期間の全体的なインプレッションを追跡することができますが(FacebookとInstagramではリーチも)、LinkedInで同じ情報を見つけるには、個々の投稿ごとのデータに掘り下げる必要があります。

リーチの代わりに、LinkedInは、各投稿のユニークインプレッションを提供します 、つまり何人の個人があなたのコンテンツを見たかを意味します。またLinkedInでは、インプレッションとしてカウントされるには、投稿の少なくとも50%が300ミリ秒以上表示されている必要があります。

3:インプレッションを追跡するタイミングとリーチを追跡するタイミング

インプレッションとリーチ、ソーシャルメディアマーケティングにおいてどちらを重視するかは、具体的な目標によって異なります。

a) インプレッションを重視する場合


Twitterを利用する場合、当然ながらリーチを測定するオプションはありません。そのため、自分の投稿がどれだけの人に届いたかを評価するためには、インプレッションが重要です。

他のプラットフォームでは、インプレッションは、ユーザーがあなたのコンテンツをどのくらいの頻度で見ているかを示す指標となりますので、ユーザーがあなたのコンテンツに複数回戻ってきていることを表すことができます。

つまり、ユーザーがそのコンテンツに特に興味を持っていることを示しています。

オーガニックコンテンツの場合、インプレッションは、コンテンツがその特定のプラットフォームにどれだけ最適化されているかを知ることもできます。インプレッションが高ければ、あなたのコンテンツが人々のフィードに定期的に、ベストなタイミングで表示されていることを示す良いサインです。

低い場合は、そのプラットフォームでのエンゲージメントを高める必要があることを示唆しています。投稿のエンゲージメントが高まると、プラットフォームがあなたのコンテンツを優先的に表示させるようになり、インプレッションが上昇し始めるはずです。

b) リーチを重視する場合


インプレッションは、投稿がどの程度最適化されているかを評価するのに有効です。しかし、最終的には、多くの人が自分のコンテンツをどれだけの人が見ているかに興味があるのではないでしょうか。

実際にあなたの投稿を見ていないユーザーは、ソーシャルメディアを通じて顧客になることは遠い道のりになってしまいます。そのため、リーチは多くのソーシャルメディアのキャンペーンで重要な指標となります。

デジタルマーケティングキャンペーンの成功を評価する場合、リーチがあれば、エンゲージメントデータに意味を持たせることができます。すべてのフォロワーが各投稿を見るわけではないので、(フォロワー数ではなく)リーチに対する割合でエンゲージメント率を測定する方が有益な場合が多いのです。

リーチの伸びも重要なKPIです。なぜなら、ソーシャルメディアでの存在感を高めるための企業の施策がうまくいっているかどうかを知ることができるからです。具体的な目標を設定することで、コンテンツがどの程度成果を上げているかをモニターすることができます。

リーチとインプレッションは、インプレッションをリーチで割って、ユーザーあたりの平均インプレッションを得ることができるため、相性もよいです。

人々は、同じコンテンツ(広告を含めて)を複数回見ないと頭に入らず、行動しないことが多いので、平均インプレッション率で、インプレッションとリーチのバランスが適切かどうかを知ることができます。

言い換えれば、あなたのオーガニック投稿や広告は、人々があなたのコンテンツを見て行動を起こすのに十分な機会を提供しているか、しかし、人々があなたのブランドに対していらいらするほど多くはないか?ということです。

原則として、インプレッションは、マーケティングチームがオーガニックコンテンツと有料コンテンツのバランスを調整するために有用な指標となります。しかし、通常クライアントや自社広報チームへのソーシャルメディアレポートに記載するKPIとして使用するのは、リーチでしょう。

リーチは、何人があなたのコンテンツを見たかを具体的に示す指標であるため、エンゲージメントやコンバージョン率をより正確に追跡するのに役立ちます。

4:マーケティングレポートに適切なインプレッションとリーチを記載する方法

Statusbrewは、ソーシャルメディアの高度アナリティクスツールです。

完全カスタマイズ性で簡単にレポートを作成できます。

Statusbrewでは、以下のようなお気に入りのソーシャルメディア・プラットフォームからデータを引き出すことができます。

Facebook(およびFB広告)
Instagram(およびIG広告)
LinkedIn、Twitter、Google My Business、YouTube、Pinterest

これにより、すべてのKPIを1つの統合マーケティングレポートにまとめることができます。そして、一度構築すれば、日次、週次、月次でチームやクライアントの受信箱に直接レポートを送信することができます。

リーチとインプレッションのバランスだけではなく、メトリクスを複数個含めることができるので、エンゲージメントやオーディエンスの成長とともに計測することもできます。

様々なテクニックと角度からより深いソーシャルメディア分析を開始しませんか?


Tags

Explore the Statusbrew range of social media tools

Cancel anytime!



Hisami Matsubara

インド発!ソーシャルメディアマーケティングツールStatusbrewのカスタマーサクセスマネジャーそしてJapan Growth Headです。日本事業立上げのため2019年単身で渡印🇮🇳しました。ソーシャルメディアにおいて私たちが最も大切だと信じるエンゲージメントとアナリティクスをメインに執筆しています。 元アパレルベンチャー出身、岐阜県育ち、Burgundy wine enthusiast.

{{!-- --}} {{!-- --}}