社内ミスからの炎上を防ぐ!ソーシャルメディア監視承認ツール5選[2024年版]

2024年2月7日 4 min read

こんにちは、インド発のソーシャルメディアマーケティングのエキスパートStatusbrewです。

ソーシャルメディアを運営する上で避けたいのが炎上です。炎上のパターンで一番ありがちなのがソーシャルメディアの運用が原因で炎上する場合でしょう。問題を含むコンテンツが投稿されてしまい、その内容がユーザーの反感を買い、拡散・炎上してしまいます。

それを防ぐためには、自社のコンテンツに問題やミスが無いかを確認する監視ワークフローを構築し危機管理計画を立てることが必要不可欠です。

投稿する前に複数人の目を通してチェックし、ソーシャルメディアの承認を行いましょう。

ソーシャルメディアの承認(Social Media Approval)とは、企業や組織がソーシャルメディア上で公開するコンテンツに対して、事前に審査や確認プロセスを経て許可を得る仕組みや手順のことを指します。これは、投稿や広告、コメントなどのソーシャルメディア上のコンテンツが、投稿にミスや炎上に繋がりそうな内容が無いこと、企業のブランドイメージやポリシーに合致し法的なコンプライアンスを遵守していることを確認するための対策です。

なぜソーシャルメディアの承認が重要なのか?

ソーシャルメディアの承認を適切に行うことで

  • 誤りやミスの防止
  • ブランド一貫性の確保
  • 法的コンプライアンスの確保
  • チームでのコラボレーション
  • タイムリーな公開スケジュールの確保

を実現することができます。

総じて、ソーシャルメディア承認は投稿の品質管理や炎上リスク回避の観点から重要であり、企業がソーシャルメディアを活用するために不可欠です。

ミーティングを開いたり、フィードバックをもらうために下書きをメールで送ったりすることで、ツールを使わずにソーシャルメディア承認を行うことも可能です。しかし、このプロセスは時間がかかり、無駄が多く、ミスの可能性も高まります。

ソーシャルメディア承認ツール使用することで、ソーシャルメディアコンテンツの承認プロセスを自動化し、ワークフローを効率化できます。

ソーシャルメディア監視承認ツールを選ぶポイント

ソーシャルメディア承認ツールを見つけるには、以下の側面を考慮する必要があります。

  • 対応しているソーシャルメディアチャネルの種類
  • 改善したいタスク
  • 参加する必要のある人数

Statusbrew

Statusbrewは、外資系ながら最も日本語にアプリケーション、サポートともにローカライズした包括的なソーシャルメディア管理ツールです。ユーザー権限、コンテンツ承認ワークフロー、ルールエンジンなどの機能を提供し、ソーシャルメディアの承認にも使用できます。中でも日本企業様のリクエストをもとに設計した、投稿監視ルールを用いることで、投稿の削除、ミスがあった際の自動却下、承認、タグの追加などのアクションを自動で行うことが可能です。ルールエンジンは非常に自由度が高いため、痒い所に手が届くソーシャルメディア承認ルールを設定する音ができます。

日本語で2分で解説します!

たとえば

  • 学生インターンやアルバイトなどの発信コンテンツは全て承認に回す
  • 特定のメディア(画像など)がアップロードされたら通知する
  • 規制キーワードが使用された投稿は却下して公開させない
  • 公開に至らない低クオリティの投稿はリスクスコアリングのタグを自動付与する

など、不適切な投稿の公開を未然に防ぐことができます。

また、企業ブランド組織でSlackを利用している場合は、Statusbrewと連携すると、投稿の承認依頼はSlackでもメンションされる設定にすることもできるます。

主な機能: 

Statusbrewを試してみる

Hootsuite

Statusbrewと同様に、Hootsuiteはソーシャルメディア管理をする包括的なプラットフォームで、コンテンツのスケジュール設定、エンゲージメントのトラッキング、およびアナリティクスをサポートしています。 Hootsuiteを使用することで、特定のニーズに対応したワークフローを作成し、タスクのメンバーへの割り当てや、誰がどの部分にアクセスできるかの制限も可能です。

主な機能: 

  • 承認ワークフロー
  • キーワードフィルタリング
  • センチメント分析
  • 投稿のスケジュール設定
  • コンテンツ公開の権限設定

SocialPilot

自動スケジューリングと公開、コンテンツキュレーション、および承認ワークフローの機能を提供するソーシャルメディア管理ツールです。スケジュールされた投稿の概要を視覚的に提供するコンテンツカレンダーや、簡単なコンテンツキュレーションのためのブラウザ拡張機能も提供しています。これらの機能は、公開前にコンテンツを確認および承認するのに役立ちます。また、クライアントがメールに記載されたリンクをクリックするだけで、ログインせずにレビュープロセスに参加できる Approvals On-The-Goの機能は、ソーシャルメディア投稿を代行している方には大変便利な機能です。

主な機能:

  • 承認ワークフロー
  • コンテンツカレンダー
  • ブラウザ拡張機能
  • クライアント承認(Approvals On-The-Go)
  • 組み込みの画像エディタ

CoSchedule

Coscheduleはソーシャルメディア管理、コンテンツカレンダー、およびワークフローマネジメントを合理化することを目的としています。すべてのソーシャルメディアコンテンツを1か所で計画し、承認手続きを実施するマーケティングカレンダーを提供します。統合された計画と承認ソリューションを求めるチームに適しています。

主な機能:

  • 承認ワークフロー
  • ソーシャルコンポーザー
  • 定期的なタスクとイベント(Recurring Tasks & Events):繰り返し発生するタスクやイベントを管理できる機能
  • ソーシャルテンプレート(Social Templates):再利用可能なテンプレートを使用して、ソーシャルメディアのコンテンツを迅速に作成できる機能

GoVisually

GoVisuallyはソーシャルメディアコンテンツの作成と承認プロセスを効率的に管理します。特に、視覚的なコンテンツに焦点を当てており、クリエイティブなプロジェクトにおいてデザインの確認や承認プロセスをスムーズに進めることができます。プロジェクトメンバーは視覚的なフィードバックを共有し、クオリティの高いコンテンツを素早く承認できます。これまで紹介したツールとは異なり、自動投稿機能がGoVisuallyには無いことには注意が必要です。

主な機能:

  • 承認ワークフロー
  • フィードバックと編集
  • クライアントのフィードバック
  • デバイスに対応したアクセス



プラン*1

価格(年間払い)

無料トライアル期間

チームメンバー

ソフトウェア比較サイトでの評価

Statusbrew

Premium

¥30,000/月

8

G2 4.7/5

Capterra 4.8/5

Hootsuite

ENTERPRISE

要問合せ

5

G2 4.2/5

Capterra 4.4/5

SocialPilot

Small Team

$42.50/月

3

G2 4.5/5

Capterra 4.4/5

CoSchedule

Marketing Suite

要問合せ

カスタムユーザー数

G2 4.4/5

Capterra 4.4/5

GoVisually

Lite

$49/月

3

G2 4.4/5

Capterra 4.6/5

*1 ソーシャルメディア承認ワークフローが含まれる最小プラン

まとめ

Statusbrew、Hootsuite、SocialPilotの3つはソーシャルメディア承認を含む機能を提供する包括的なソーシャルメディア管理ツールです。これらは自動スケジューリング分析機能も提供しています。ソーシャルメディア承認ワークフローとこれらの機能を組み合わせることでより無駄なく安全な投稿をすることができます。

CoscheduleとGoVisuallyはソーシャルメディア承認やコンテンツ作成に特化したツールです。

Coscheduleはスケジュール、GoVisuallyは画像コンテンツにそれぞれ強みがあります。

無料トライアルがある場合はこれらのツールを試してみて、どれが一番合っているのかを確かめることをおすすめします。

Statusbrewは、7日間の無料トライアルが用意されています。まずはお気軽にお問い合わせください。

無料トライアル

Emiko Hoshi

Statusbrewコンテンツマーケターです! 日本の大学でインド社会を専攻し、現在カナダでデジタルマーケティングを勉強・実践中。 企業様向けに、効果的なSNS管理ツールの活用方法やマーケティング戦略に関する情報をお届けします!また、最新のトレンドや効果的な戦略について幅広くご紹介します。SNSを活用した効果的なマーケティング手法を探っていきましょう! 横浜生まれ横浜育ち。お茶と日本酒大好きです。

Statusbrewを使ってみませんか?

いつでもキャンセルできます