こんにちは、Statusbrewです!

ソーシャルメディアマーケティング(SNSマーケティング)といえば広告出稿、と考えている方が多いと思います。特にFacebookとInstagramは近年ではソーシャルメディア広告の2大巨頭ですね。

特にFacebookは世界中で最大のソーシャルメディアであり、日本ではビジネスプラットフォームとしての側面も存在しています。そしてInstagramを 買収したことによって、広告においても必須のプラットフォームです。

Facebook広告の最大の利点はFacebookというソーシャルメディアの特性にあります。匿名性のあるTwitterとは違い、ユーザー(顧客)の

・結婚や出産
・学歴や居住歴(都道府県〜市町村まで)
・就職先やおおよその年収
・生年月日や性別
など最も多くの情報を保有していると言ってよいでしょう。
この情報を使うことで、「東京都世田谷区に住む旧帝大卒の35歳〜45歳までの既婚者で最近車を購入した人」だけに広告を出すことが可能になりました。
つまり顧客のライフサイクルに合わせた広告を効果的に出せるのです。

このようにFacebookを使用してオンラインプレゼンスを構築することで、潜在的な見込み客と広告を通してあらかじめ交流し、顧客に取り込む機会がたくさんもたらされます。 ただし、オンライン上記の目標・目的の管理に関しては、Facebook広告マネージャーFacebookビジネスマネージャーの間には大きな違いがあることをご存知でしたか?

広告マネージャーとビジネスマネージャーってそもそも何!?そんなのあったの?なんで2つに分かれないといけないの!?という方にもぜひ読んでいただければと思います。

目次

1. Facebookビジネスマネージャーとは?
2.Facebookビジネスマネージャーの利点
3 Facebook広告マネージャーとは?
4.Facebook広告マネージャーの利点
5 .Statusbrewでできること

まず、ビジネスマネージャーも広告マネージャーも、Facebookのプラットフォームを使用する方法が異なる2種類のアカウントと捉えましょう。そして結論から申し上げると、Facebook広告をマーケティングとして利用スタートする方はどちらも必須なビジネスプラットフォームです。本日は、それらを利用してROIを最適化し、あなたの企業・ブランドのためのFacebook広告管理を改善する方法を確認していきましょう!


1. Facebookビジネスマネージャーとは?

Facebookビジネスマネージャーの一番の目的は、ビジネスオーナーがFacebook企業ページ広告アカウントを管理および整理することです。普段利用しているであろう個人名のプライベートFacebookアカウントをオンラインビジネスから分離することができます。

FacebookビジネスマネージャーはFacebook社が提供する無料のツールで、企業や機関が下記の事を容易に管理できるプラットフォームです。

・広告アカウント
・カタログ
・ピクセル
・ビジネス(企業)ページ
ビジネスアカウントにアクセスするには、ログイン情報を社内で共有する必要があります。その代わりに、Facebookのビジネスマネージャーダッシュボードに直接チームメンバーとマネージャー(管理者)を招待して、ビジネスオペレーションを組み立てます。

ビジネス(企業)ページって何?と思った方、ビジネスページは個人アカウントと違い、会社名、サービス名、商品名でページ名を登録しビジネスとしてコンテンツを発信、さらにはユーザーと交流するためのアカウントです。そしてEコマースや求人応募の場としても活躍します。

六本木にある商業施設:東京ミッドタウンさんのFacebookページ

個人アカウントで投稿した場合、検索エンジンには取り上げられることはないですが、Facebookページでの投稿は、検索エンジンに取り上げられる可能性があります。つまり、Facebookページ上で発信した投稿は、SEO上でも有効的であり公開範囲が広いのが特徴です。Facebook広告を出稿するにはまずこのビジネスページを持っていることが第一です。

なんだかまだまだふわふわしていてピンとこない…と思った方、Facebook ビジネスマネージャーを理解するには、すべてのFacebookマーケティング活動のコントロールセンターと考えてみてください:) Facebook広告を管理するだけでなく、分析機能もついていて、その緻密なデータに焦点を合わせた意思決定を行うことができる総合的な場です。

Facebookマーケティングの初心者の場合、慣れるまでに少し時間がかかります。が、世界中のマーケターがFacebook広告とこのビジネスマネージャーに関していうには、何よりも我慢強さが大切です。いきなり出稿した広告でコンバージョンが10倍になった、とか一日でFacebookビジネスマネージャー使いこなせるようになった、だなんてありえません。5年、10年選手のマーケターが世界中にいることをお忘れなく。

Facebookビジネスマネージャーを使う利点は?

ではFacebookビジネスマネージャーを使いこなした先の利点は何かをみていきましょう: )

・アクセス管理(ビジネスセキュリティの向上のため)
データのセキュリティはどのビジネスにとっても重要です。 Facebook Business Managerを使用すると、誰がこのビジネスページアカウントにアクセスするかを完全にコントロールできるため、不正なアクセス、誤用、悪用を防ぎます。

セキュリティセンターにアクセスすると、二段階認証を有効化できます。二段階認証をログイン時に採用することにより、新しいデバイスがFacebookビジネスページにアクセスしようとするたびに管理ユーザーはセキュリティコードが必要になります。セキュリティはソーシャル上でビジネスを成り立たせる上で非常に重要視されるべき点です。

・ユーザー管理により役割を簡単に付与
Facebookビジネスマネージャーでは2つの役割レベルをユーザーに割り当てることができます。

About Business Manager roles | Facebook Business Help Center
The Business Manager permission model has 2 different layers to help businesses securely manage and maintain control of their ad accounts, Pages, and catalogs.

1)管理者アクセスおよび従業員(社員)アクセスへは基本的な権利

(2)従業員をページ管理者、ページ編集者、ページモデレーター、広告主、およびページアナリスト(個々のFacebookページまたは広告アカウントを管理できる)として指名できます。 広告を管理するための重要なことは、あなたのFacebookページへの広告アカウントに寄せられるコメント(スパムや悪質コメント、別途対応したいネガティブコメント)を防ぐことです。

これらの役割は互いに独立します。たとえば、サイト管理者はすべてのアカウントへの完全なアクセス権を持つ最高レベルの管理者である必要はありません。 Facebookビジネスマネージャーの管理者には制限がありません。つまり、削除、役割の変更、および管理者が実行できるその他の操作を実行できます。

役割に応じた作業の分担ができる
Facebookビジネスマネージャーを使用すると、チームや従業員間での役割の割り当てや作業の分担が簡単になります。あなたは従業員のスキルレベルに合った役割へのアクセスを提供して、従業員の仕事の責任を明確かつ透明化できます。

・複数のページを一元管理できる
Facebookビジネスマネージャーの最大の利点は、複数のFacebook企業ページを管理できることです。ダッシュボードでは、ページ間を移動して各アカウントを管理する代わりに、リンクされたすべてのFacebookページに1つの管理場所を用意します。

ワインに関するビジネスページとStatusbrewのビジネスページを同時に管理しています

代理店とのコラボレーションが楽!
Facebookビジネスページの成長とマーケティング戦略の一環でエージェンシーと協業することも多々あるかと思います。チームメンバーやビジネスの従業員に役割を割り当てるのと同じように、代理店と協力して同じことを行うことができます。Statusbrewの役割の割り当てもモデルはここから生まれています!

代理店とのコラボの場合はいつでも、必要に応じてアクセス権を取り消すことができます。こちらは「パートナー」としての役割を設定するプロセスのうちの一つです。

・最新版Facebookビジネスマネージャーへのアップグレード
最近、FacebookはよりシンプルなバージョンのBusiness Managerを導入し、代理店が迅速かつ簡単にクライアントキャンペーンを作成できるようになりました。

Facebook Business Managerの新しいアップデートってなに!?

・代理店が新しいクライアントをオンボーディングするためのシームレスなプロセス。
・代理店がクライアントの履歴レポートを管理できる
・チームメンバーへの役割の割り当てとメディアアセットの整理が簡単になった

これも最近のStatusbrewのアップデートと似ている!!とおこがましいこと言っちゃいます。


Facebook広告マネージャーとは?

名前から察することも若干可能ですが、Facebook広告マネージャー(Ads Manager)は、Facebook広告を作成、管理、およびレビューするためのメインのインターフェースのことです。こちらは完全にFacebook広告専用であるため、Facebookビジネスマネージャーとは異なります。ちょっと納得行かなく感じることもあるかもしれませんが、、、

この場合、Facebook広告マネージャーは、プラットフォーム上のすべての広告のコマンドセンター的存在です。広告マネージャーでできることは以下の通り!

・InstagramとFacebookで広告を作成して出稿
・Facebookアプリインストール広告
・オーディエンス、エンゲージ、購入する可能性が最も高い人々をターゲット
・広告への予算を設定
・広告、広告セット、キャンペーンのパフォーマンスを分析
・支払い設定、支払い履歴、支払い方法を設定と表示

上記のことから完全に広告を出稿するための一括キットだと思えばいいんだ!ということですね。


Facebook広告マネージャーを使う利点は?

あなたのビジネスが下記に当てはまる場合は、Facebook広告マネージャーを使うべきといえます!

・1つ以上のFacebookビジネスページ用に複数の広告、広告セット、および広告キャンペーンを作成したい!
・ターゲティングや予算などの広告設定を編集または複製していきたい!
・広告キャンペーンの結果測定し、将来の広告やマーケティングキャンペーンのためにより有効活用したい!
・グラフやチャートをカスタマイズして、チームやこの広告に関わるビジネスの重要なメンバーと共有したい!
・同じもしくは異なる請求先アカウントにリンクできる複数の広告アカウントを作成したい!

最近ではFacebookが広告マネージャーのインターフェースの新しいバージョンをリリースしました。

・簡素化されたナビゲーション機能
・全体的にすっきりとしたデザイン
・新しいキャンペーン管理プロセス


Statusbrewでできること

Facebook広告マネージャーには、広告キャンペーンを管理するための多くのオプションがありますが、広告キャンペーンで得られるエンゲージメントを管理することに関しては、まだまだ不足しています。

Statusbrewなどのソーシャルメディア管理ツールを使用すると、単一のダッシュボードからチームとしてキャンペーンを作成および管理できます。

Statusbrewの広告アカウント完全管理ツール!

FacebookとInstagramの広告コメントを簡単に管理し、有料広告パフォーマンスレポートを介してキャンペーンの詳細なインサイトを得ることができます。

StatusbrewでSNS広告を管理して最大のパフォーマンスを得てビジネスを軌道に載せませんか?