InstagramのストーリーズをStatusbrewの大画面で予約しよう!!

InstagramのストーリーズをStatusbrewの大画面で予約しよう!!

3月 11, 2021 9 min read

こんにちは、Statusbrewへようこそ!

StatusbrewはビジネスとしてInstagramを運用したい方のための予約投稿ツールです。ビジネス目的とは大きく2つに分けられます。

・自社の商品やサービスを販促したい
・代理店としてクライアントのアカウントを運用したい。

Instagram予約投稿ツール
Statusbrewです

そんな場合はStatusbrewを使ってPCの大画面でInstagramに関わるマーケティング操作を一括で行うことができますし、誰が見てもわかりやすい、投稿作業を追跡できるタスク管理ツールはStatusbrewの人気機能です。

StatusbrewでInstagramのフィード投稿とストーリーズ投稿の予約をする方法について全てのプロセスを公開します!

その前に!Instagram投稿におけるルール

Instagramは他のソーシャルチャネルと異なり、「どんな投稿」を「どんなメディアの種類」で行うかによって予約方法が変動します。こちらはInstagram社(もっと言えばFacebook)によるサードパーティー製アプリケーションへのAPI規制があるためです。※このルールは世界中のソーシャルメディア管理ツールに適用されています。

■自動投稿ができる場合のルール

・1枚の画像もしくは1つの動画のみ
・下記のStatusbrew投稿エディターからそのまま投稿完了
・ ただしストーリーズは例外(下記参照)

1枚の写真や画像の場合、このまま自動投稿OK

■モバイルを利用したワークフローのルール

・2枚以上の画像または動画の場合(画像と動画mixも)
・ ストーリーズの予約の場合

ストーリーズの予約投稿
モバイル通知フローのイメージ

では、Instagramのフィードとストーリーズ投稿をStatusbrewでどのようにできるか!

1.コンポーズ

コンポーズとは?:Instagramなどのコンテンツを作成するためのエディターです

1-1.Statusbrewのダッシュボード

Statusbrewにログインするとダッシュボードが開きます。こちらがあなたのワークスペースです。

StatusbrewのSNS管理ツール

1-2. 投稿先のソーシャルアカウントを決定

Instagramアカウント以外ももちろん選べます。TwitterやFacebook、GoogleマイビジネスやLinkedInなどチャネルをまとめて選択できます。

ストーリーズの予約投稿

1-3. エディターにキャプションの入力の開始

一括でキャプション入力もできますし、ソーシャルチャネルごとに切り替えて編集もできます。下記の例はInstagramだけを編集しています。

キャプションへのハッシュタグ、@メンション、絵文字も通常通り利用できます。

StatusbrewのInstagram投稿予約ツール

1-4.メディアの追加

画像を選びましょう。

・ローカル環境
・Google Drive、Box、Dropboxなどのクラウドストレージ
・著作権フリー画像のUnsplash、Pixabay
プロ仕様デザインツールCanva
・Statusbrewオリジナルのストレージアセットマネジャー
から画像をお選びいただけます。

ストーリーズの予約投稿

1-4. (a) Canvaでもっと美しいクリエイティブを ★おすすめ機能

オーストラリア発のグラフィックデザインツールCanvaと連携できます。フィードかストーリーズなどお好みのフォーマットをまず選んでください。

ストーリーズの予約投稿ツール

Instagramのフィードとストーリーズ用のデザインテンプレートが無数に用意されています。テンプレートの左上検索バーに例えば"Ice Cream"と検索すると、イメージにぴったりのデザインが表示されて右側に適用、あとはテキストやフォント、エレメントをお好みでカスタマイズできます。

Canvaでストーリーズを作成

1-5. メディアのエディター

アスペクト比やサイズなどInstagram仕様にカスタマイズできます。追加した画像の右上にカーソルを当てると”メディアを編集”メニューがあります。クリックするとエディターが立ち上がります。

ストーリーズの予約投稿


◁Instagram投稿: 1枚 or 1つの動画の場合

画像を1枚もしくは動画を1つお選びください。予約方法を選びます。今すぐ投稿か予約投稿かクリックした瞬間に投稿フローが完了します。

「こちらの投稿は自動的に送信されます」

◁Instagram投稿: 複数枚の画像がある場合

2枚以上の画像や動画との組み合わせになる場合は、投稿予約ボタンをクリックしたらモバイル通知フローに移ります。

Instagramストーリーズの予約投稿

▼ モバイル通知フロー for フィード投稿

投稿の予約時間になるとモバイルアプリ(iOS/Android)に通知がきます。Instagramでシェアするをタップして先に進みます。

この時点でスマホのクリップボードにコンポーズのエディターに入力したキャプション(ハッシュタグ含む)がコピーされます。そしてフィードかストーリーズを選べますので、この場合はフィード投稿を選びます。カメラロールに自動的に先ほどコンポーズのメディア追加で選択した画像や動画が取り込まれますので投稿したい分だけ10枚以内でタップしてください。

キャプションに、ペーストするだけであとは通常通り右上のOKをタップして完了です。

◁Instagramストーリーズの投稿

同じようにコンポーズで画像を選択します。もしストーリーズのキャプションに何かテキストを挿入したい場合はエディターに書き込みます。

ストーリーズの予約投稿

予約時間をセットしたらモバイルフローへ移動します。フィードかストーリーズか選択を依頼されますので、今回は右側のストーリーズをタップします。

このあとすぐにネイティブアプリに自動移行してストーリーズの画面が開きます。キャプションがあればペースト、タグやステッカーなど追加して完了です。

▼1枚のInstagramストーリーを予約したい場合

テキストエディターの真下にあるモバイル通知フローを使うのチェックボックスにチェックを入れてください。
注意:1枚の画像/動画の場合、チェックを入れない限り自動投稿と見なされフィードに投稿されます。

ストーリーズの予約投稿

.画像へのタグ付けと位置情報追加

ネイティブと変わらず、画像へのタグ付け(ショッピングタグは未対応)と位置情報の追加ができます。※こちらの機能は2021年4月実装予定

ストーリーズの予約投稿

1-6. 投稿のプレビューを確認

実際どのようにInstagramが投稿されるかのプレビューを右側の画面でご確認ください。よければとうとう予約方法の設定です。

ストーリーズの予約投稿

1-7.投稿をカテゴライズするタグをつけよう

Statusbrewはタグシステムを導入しています。タグは、ソーシャルメディア上で商品を宣伝する上で重要な機能であり、関連性の高いコンテンツを整理し、タグ分析レポートの作成やダッシュボード上での分析に活用できます。手間はかからないので積極的に使いましょう!エディターのタグマークでこの投稿をラベリングするタグをぽちぽちと付与していきましょう。

ストーリーズの予約投稿

1-8. 投稿の予約方法を選びましょう

コンポーズ左側の下部に、投稿の方法を

・承認ワークフローを使う
・下書きとして保存
・今すぐ投稿
・予約投稿
と選ぶことができます。

ストーリーズの予約投稿

1-8.(a) 予約投稿: カスタム時間で投稿

カレンダーから日時を1分単位で選ぶことができます。

ストーリーズの予約投稿

1-8.(b) 予約投稿: カテゴリーを使って投稿

あらかじめセットしておいた予約時間帯をカテゴリーという予約幅を使って設定することができます。カテゴリーを使うことで、最もベストな時間帯と投稿内容の組み合わせを分析することができます。

オススメのカテゴリー設定: 通勤時間帯の商品宣伝、土日夜の業界に関わる話、など

ストーリーズの予約投稿

1-9. 承認ワークフローを使いましょう

上司やクライアントに対して投稿送信のための申請が必要な場合、ぜひダブルチェックとして承認者を指名しましょう。ユーザーグループや特定のユーザーを指名できます。現在のところ、複数の承認者を指名するとそのうちの1名が承認した時点で予約送信フローに移行します。

ストーリーズの予約投稿

2. プランナー

Statusbrewの予約表兼タスク/プロジェクト管理ツールです。コンポーズの右となりにあるのでクリックしましょう。

2-1. プランナーで確認できること

プランナーの真ん中のリストをご覧ください。

・確認が必要
・すべての投稿
と大きく2つのセクションに分かれています。

2-1. 確認が必要な投稿リスト

ここには
・下書き状態のままの投稿
・承認が必要な投稿
・承認が却下された投稿

が並びます。
この確認が必要なセクションに投稿が複数溜まったまま=タスク管理がされていないというバロメーターにもなります。

そしてこれらのステータスの投稿は右の詳細画面のメニューから編集したり、削除したりさらには今すぐ投稿を送信したりすることもできます。

ちなみに投稿送信の権限があるユーザーでないと編集までしかできません。

2-2. (a)投稿の承認

承認者はEメールやSlack、Statusbrewモバイルアプリで受け取ることができます。確認が必要セクションに承認が必要な投稿として上がってきますので、リスト上の投稿とクリックすると右側に詳細画面が開きます。

右側のオレンジ色の承認ボタンをクリックするとそのまま送信フローに流れます。

2-2. (b)投稿の却下作業

申請を却下する場合は左側の却下ボタンをクリックします。

そうすると却下の理由をドロップダウンメニューから選ぶことができます。投稿に対してのコメントと共に拒否ボタンをクリックすると、申請者に通知が届きます。

2-3. 確認が必要な投稿リスト

ここには
・公開済みの投稿
・予約済みの投稿(承認が通った)
・ 何らかの理由で失敗した投稿

が表示されます。

3. プランナーからできること

プランナーでは、投稿予約したものや下書きしたものに対してタスクチェックだけではなく、様々なアクションを起こすことができます。さらに投稿ごとのパフォーマンスもこちらでチェックできます。

3-1. 予約済みの投稿を編集

プランナーの右側の詳細画面がそのままエディターになっているので、公開前の投稿であればいつでも手を加えることができます。

3-2. コンポーズの大画面で再度編集したい

プランナーのエディターではなく、コンポーズのエディターで編集したい場合は、詳細画面右上のペンマークをクリックすると、そのままコンポーズが立ち上がります。

ここでキャプションや画像だけではなく、予約時間を変更することもできます。承認申請した投稿が却下された時に、新たに承認を申請する場合も再度コンポーズで承認者を指名します。

3-3. (a)投稿済みの投稿のプレビュー

投稿完了しているものは、実際のプレビュー画面が表示されます。

3-3. (b)投稿済みの投稿のパフォーマンスを表示

投稿ごとのエンゲージメントなど基本的なインサイトをリアルタイムで表示するだけではなく、そのままコメントも表示されます。

4. 投稿公開までのアクティビティを追跡できる

タスク完了までのフローを、チームメンバーのアクティビティと共に追うことができます。

誰がいつどんな投稿を作成して、いつ編集されて承認されたかをログとして表示します。

5. チーム内の共有メモ

詳細画面のチャットシステムは、社内やクライアント間で投稿タスクを完了させるために設置しています。@メンションしてメッセージを記入すると、@メンションされたユーザーはEメールやSlackで通知を受け取ることができます。

6.  コラボレーターを招待しよう

このInstagram投稿に関わるメンバーを追加します。SNSタスク管理ツールを使うということは、少なくとも2人以上のメンバーが関わるのではないでしょうか?複数部門のコラボレーターと連携しましょう。

コラボレーターになると、このコンテンツの動きをずっと追跡できます。

7. タグを付与しよう

プランナーからもタグを付与することができます。この投稿をインデックス化するタグを探して付与していきましょう。コンポーズでつけ忘れても、このプランナーで作業ができます。

8. フィルターして自分に関係のあるコンテンツだけ管理できる

タグごと、投稿の種類ごと、ステータスごとなどでフィルタリングして自分に関係のある作業にフォーカスすることができます。

Tags

Explore the Statusbrew range of social media tools

Cancel anytime!



Hisami Matsubara

インド発!ソーシャルメディアマーケティングツールStatusbrewのカスタマーサクセスマネジャーそしてJapan Growth Headです。SaaSのビジネスモデルやEコマースに特化したInstagramマーケティングTips、そしてStatusbrewのソフトウェアについてわかりやすく解説します! 岐阜県出身で、ワインが好きです。

{{!-- --}} {{!-- --}}