特定の曜日と時間帯にツイートを繰り返し予約&複製投稿する方法

特定の曜日と時間帯にツイートを繰り返し予約&複製投稿する方法

2022年3月30日 5 min read

こんにちは、ソーシャルメディア(Twitter)マーケティングツールのStatusbrewです!

潜在的な見込み客=[将来のあなたのTwitterアカウントのファン]を惹きつけるには非常に時間がかかります。

どうして難しいのでしょうか?それには理由があります。

1種類の決まった時間帯に同様の内容をツイートしていては、いつまでたっても適切なリーチが起こらない可能性が高いからです。

Statusbrewのカテゴリ機能を使うことで様々なキャンペーン(ブログ、企業やブランドのイベント、ウェビナーなど様々なタイプのコンテンツ)に最適な投稿時間をあらかじめ確保できます。

またさらに本日は、特定の曜日と時間帯(=カテゴリー)だけ繰り返し投稿を好きなだけ繰り返す具体的な方法をガイドします。

(1)まずはカテゴリーを作ろう!
(2)<<コンポーズを使ってカテゴリー予約投稿を行う>>
(3)<<CSV一括アップロードで大量にカテゴリー予約する>>
毎日同じコンテンツ(似通った)を毎日、複数回繰り返したい場合

(1)まずはカテゴリーを作ろう!!

まずは「特定の曜日と時間帯」をカテゴリーという機能であらかじめ作成します。

StatusbrewにサインアップしてTwitterアカウントなどを接続した状態で始めてくださいね!

1.早速Statusbrewダッシュボードにログインして、カテゴリー(Category Publish)に移動します。

ソーシャルメディアマーケティングツールStatusbrew
Statusbrewのダッシュボード

2.カテゴリーを作成(Create a Category)をクリックします。

Statusbrewのカテゴリー一覧表

3. 早速カテゴリーを作成します。

・カテゴリー名を入力します。
・次に、投稿をスケジュールするタイムゾーンを選択し、カテゴリーに必要な色を選択します。タイムゾーンは日本のオーディエンス向けであればTokyoと打ち込みます。

カテゴリーに色を付けると、予約一覧表でそのカテゴリに属する投稿を識別しやすくなります。

  • その後、投稿を公開したいタイムスロットを選択します。Createボタンをクリックすると、複数の時間帯を追加することができます。

・毎日(Every day)
・平日(Weekdays)
・休日(Weekends)

・日曜日
・月曜日
・火曜日…と各曜日
とタイムスロットを選びます。

  • コンテンツが公開される特定の時間帯を「タイムスロット」といい、コンテンツを発信する時間を正確に指定できます。
例えば「このブログの記事はこのカテゴリー(曜日と時間帯)にする」のように、カテゴリーを細かく設定すればするほど、どのタイミングでどのような種類の投稿を公開するかをコントロールできるようになります。

例えば「求人募集の投稿をTwitterで平日の朝の時間帯のみ繰り返していきたい」場合を想定してカテゴリーを作成してみました。

Statusbrewの
Statusbrewのカテゴリー機能

タイトルを[求人] 応募の詳細について - 2022年分として、平日の月曜日〜金曜日の朝8:20に投稿するためのカテゴリーを作成してみました。

このカテゴリーの適用される曜日は平日のみで朝の8:20にセットすると、スロットがこれで5つできたことになります。

この作成したカテゴリーは表の一覧の一つに組み込まれました。

逆に言えば、このリスト上のカテゴリーをすべて使って投稿の計画を立てていくと、どのコンテンツに偏りがあるか、などコンテンツのバランスを常に意識しながらTwitterやInstagramに投稿することができますね。

2. <<コンポーズを使ってカテゴリー予約投稿を行う>>

ではまず、Statusbrewの基本投稿エディターであるコンポーズで一つ(3つのソーシャルアカウント宛)にコンテンツを作成し、この[求人] 応募の詳細について - 2022年分でスケジュールしてみます。

(1)Statusbrewのダッシュボードからコンポーズを開き、ソーシャルチャネルを選びます。そしてキャプションや画像をエディターに入力します。

(2)予約投稿方法を選ぶときに、カテゴリー>[求人] 応募の詳細について - 2022年分を選択します。

Statusbrewの投稿予約ツール
投稿予約するときは必ずカテゴリーから[求人] 応募の詳細について - 2022年分を選びます

するとStatusbrewのプランナーでどのように見えるかまずは確認してみましょう。

このように直近の水曜日(翌日)の朝8:20のカテゴリーに沿って投稿がスケジュールされました。カテゴリーが例えば「毎週土曜日」の場合は、次の土曜日にセットされます。

ご覧の通り、1回投稿すれば平日の朝8:20の5日分が投稿されるわけではありません。永遠にこの同じ投稿がスロットに沿って繰り返しセットされるのではなく、コンポーズで予約する際は複製して再度カテゴリー予約セットをする必要があります。

もし同じ投稿を繰り返しセットしたい場合はCSV形式によるファイルをアップロードする一括投稿方法もしくは、投稿の複製をおすすめいたします。

CSVによる方法は後半でご説明します。

コンポーズからのこの投稿は一回のみ有効で、かつ同じカテゴリを使ってその1週間の枠を先に使われている場合は、その枠の終了した翌日からセットされます。

つまり投稿のダブりを防止する役目もあります。

(3)CSVを使った一括アップロードで大量のカテゴリー予約

CSV形式のファイルをアップロードする方法を使います。

(1)まずはCSVでコンテンツを作成します。コンテンツを10個、作成してみました。わかりやすいように、1日目〜10日目というキャプションにしました。

※通常のツイートと同じように絵文字やハッシュタグ、リンクも挿入いただけますが今回はわかりやすくするためにテキストのみにしました。

StatusbrewのCSV一括ツイート予約機能
私はGoogleスプレッドシートを使っています

(2)Statusbrewダッシュボードで一括予約(Bulk Publishing)へ進みます。

(3)公開先のソーシャルアカウントを選びます。ここではTwitterアカウントを選びました。

(4)ここで予約方法を選びます。カテゴリーの[求人] 応募の詳細について - 2022年分を選択します。

繰り返しますが、平日の8:20に投稿するスロットのことです。

(5)先ほど作成したCSVファイルをアップロードします。

(6)アップロードされるとプレビューが表示されます。何らかの原因でエラーが出る場合はエラー原因が掲載されます。Go To Plannerをクリックして予約開始です。

上記の手順で[求人] 応募の詳細について - 2022年分というカテゴリを使ってアップロードした後のプランナーを見てみましょう。

  • 同じカテゴリとかぶらなくなる曜日からスタート > 水曜日の次である木曜日のスロットからスタート
  • CSVファイルに記入した列の順番ごとにスタート

の条件に則りカテゴリ予約がされます。

つまり、CSVに10個のコンテンツを記入してアップロードした場合、10スロット分、この場合は10日分のカテゴリー投稿ができたことになります。

毎日同じコンテンツ(似通った)を毎日、複数回繰り返したい場合

毎日たくさん繰り返し用として、カテゴリーを作成します。

例えばたくさんのツイートをどんどん絶え間無く出していきたい場合、このように毎日分刻みでカテゴリーを作成すると、1週間のうち21件のコンテンツ枠を作成したことになります。

3週間分のコンテンツ=上記カテゴリーの場合は21件をCSVで作成します。

これをアップロードすると、さらに別カテゴリー枠での予約が完成することになります。

このようにStatusbrewのカテゴリーは決まった時間と曜日に好きなだけソーシャルメディアコンテンツを予約いただけます。

ぜひお試しください!

Tags

Explore the Statusbrew range of social media tools

Cancel anytime!



Hisami Matsubara

インド発!ソーシャルメディアマーケティングツールStatusbrewのカスタマーサクセスマネジャーそしてJapan Growth Headです。日本事業立上げのため2019年単身で渡印🇮🇳しました。ソーシャルメディアにおいて私たちが最も大切だと信じるエンゲージメントとアナリティクスをメインに執筆しています。 元アパレルベンチャー出身、岐阜県育ち、Burgundy wine enthusiast.

{{!-- --}} {{!-- --}}