目次:
・Map Engine Optimization とは?
・MEOの役割
・Mapを最適化する方法
・MEOのメリット、デメリット

MEO / Map Engine Optimization とは?

慣れない場所にきて、お腹が空きました。
あなたはどうしますか?

▷ 食べログを開く
▷ グーグル検索をする

多分、ほとんどの方が後者を選ばれるのではないでしょうか?

「札幌市 ラーメン」

このような感じで検索をされる方が多いかと思います。

札幌市 ラーメン の検索結果

こちらの画像をご覧いただくと、地図がありその下にお店が3店舗載っています。
このお店がGoogleが判断した近くにあるオススメのラーメン店になります。

では、お店の所在地の中で自分のお店もこのように表示されたら来店数が上がると思いませんか?
その通りです。だからGoogleマイビジネスを登録したからにはMEO対策も必要なのです。

MEOとは?
Map Engine Optimization:マップエンジン最適化

マップエンジンって言われてもなんだって感じですが、上記の画面にある3つの店舗での検索表示を最適化し上位へ持ってくる事を指します。

MEOの役割とMapを最適化する方法

上記で述べた通り、ユーザーが調べた時に、Google検索に表示される地図への表示がMEOの役割です。

と言っても、どのような事がMEOに関係するかわかりませんよね。
そんなあなたはこちらのチェックリストを確認してみましょう!

Mapを最適化する方法

すごく基本的なことですが、どれもとても大事な要素です。

これら全部をやって見るのは簡単そうに見えて実は難しいですよね。
口コミは思ったように伸びないし、、、

でも、他は案外難しくないのではないでしょうか?
アマゾンで注文するときのように、月に一回それぞれのサイトをメンテナンスし、予約投稿機能があるSNSアプリに1ヶ月分のコンテンツを予約投稿しておけば案外、楽に運用できると思います。

Googleマイビジネスの写真投稿ルールは、こちらから読んでみてください。→ ローカル ビジネスの写真や動画を追加する

SEO対策をする人はたくさんいるけど意外と、MEO対策は盲点です。
SEOは時間やお金がかかる&専門的ですが、MEOはきちんと対策をしていればすぐに検索結果上位に上がるそう。

MEO対策に注力・着目しているお店が少ないのも狙い目です。


MEOのメリット、デメリット

SEOより簡単だからこそすぐに始めてほしいMEO。
メリット・デメリットを確認してみましょう。

メリット:
- 優良顧客集客力アップが見込める
- SEOより簡単に安く始められる
- 口コミにより店舗の信頼性を獲得できる

デメリット
- ターゲット地域を持たないビジネスは効果を得難い
- ビジネスによっては口コミ投稿を得るのが難しい

メリットもデメリットもどちらのわかるような、わからないような部分があるかと思います。
BtoBは特に口コミをいただくのが難しかったりしますが、そうなってくるとMEOをする必要がないということも出てくるので、BtoCでサービス業へMEOは向いているでしょう。

まだ、Googleマイビジネスを登録されていない方は登録をしてみてくださいね!