世界25拠点!ブランドモニタリングツールMeltwater導入にかかる費用

2024年6月30日 11 min read

こんにちは、ソーシャルメディアマーケティングのエキスパートStatusbrewです。

日本企業がソーシャルメディアマーケティングツールを選定する際、よく比較されるのがMeltwaterやSprout SocialHootsuiteStatusbrewのようなツールです。こちらの記事では、Meltwaterと何で知名度を馳せたツールなのか、その機能や用途、そして特に「高い」と噂になる費用について詳しく解説します。

私たちは世界中にあるトップクラスのソーシャルメディアマーケティングツール


Meltwaterとは? = 市場調査メディアモニタリングツール


Meltwaterは、ソーシャルメディアやニュースサイトからのメンションをリアルタイムで監視・分析し、マーケティングや広報戦略を顧客の意図や意思を計測することで最適化するリスニング/モニタリングツールです。

Meltwater日本公式ページ

最も大きな機能は以下の4つ、

  • グローバルメディアモニタリング: Meltwaterの地位を確立した機能、世界的ブランドの消費者感情の調査をメディアモニタリングを通してデータ獲得です。
  • センチメント分析: ニュース記事やブログ、ソーシャル上のユーザーの感情を分析ジャッジします。
  • ベンチマーク分析: 世界の競合他社アカウントと自社のパフォーマンスを比較します。

ソーシャル(SNS)だけじゃない!"メディアモニタリングツール"としてのチャネルの豊富さ

Meltwaterは、さまざまなソーシャルメディアプラットフォームからデータを収集し、分析を行うのに強いツールです。

大きな特徴は、ソーシャルメディアだけではないというところです。ソーシャルメディアで対応されているチャネルは、

・X(旧)Twitter
・Instagram
・LinkedIn
・YouTube
Pinterest(ピンタレスト)
・TikTok

ですが、大きな特徴として、主に高度なメディアモニタリング、分析、およびPRツールを提供しているため非常に高価です。Meltwaterは、スモールビジネス向けではなく、最初から大企業や大規模な組織のニーズに応えるために設計されており、市場調査にも多大なエネルギーを投資している/できるオーディエンスを囲い込んでいます。

Meltwaterは"ニュースメディアor掲示板モニタリング" ≠ ソーシャル専門の管理ツールではない?!

世界最大の掲示板型ソーシャルであるRedditでMeltwaterについての会話スレッドを300件以上見てみると、世界のユーザーはどちらかというとMeltwaterをソーシャル管理ツールとしては見ておらず、「ニュースメディアモニタリング」という位置付けで見ている世論が受け取れました。

そもそも顧客エクスペリエンスの向上のためには、まず消費者または見込み顧客、さらには競合他社の既存顧客の声を聞く必要があります。

その声は、ニュースメディアや掲示板と言われるコミュニティ型のプラットフォームもですが、もちろん最も拡散力の高いソーシャルメディア上でコメントや@メンションとしてテキストベース(または画像のみの投稿もあり)で拾うことができます。このコメントのような「ユーザーの声」を集めるには、一般的にモニタリングツールの導入が便利です。

Meltwaterはこのモニタリングダッシュボードやその高度なリスニングクエリの設定操作の幅広さに定評がありますが、その包括的な機能にもかかわらず、他のツール群は競合他社と比べて際立っていない点もあるのは、彼ら自身の売り出し方は「Meltwaterといえば「グローバルメディアモニタリング」」だからと言われれば納得が行きます。

モニタリングツール界でのMeltwaterのライバル的存在は実はソーシャル系管理ツールではない?

上記の理由から、Meltwaterとソーシャルメディア管理ツールを比較対象として出していることは少なく、Muck RackやIsentia、Critical Mention、Notified/GNW, MuckRack, or maybe Talkwalkerなどのようなニュースや紙媒体のメディアモニタリングツールが比較になっているようです。

Meltwaterの自慢のセンチメント分析

Meltwaterはこのブランドメンションモニタリングツールとして、モニタリングという行為と紐づいて

オンライン上でのブランドの評価を測定します。これにより、ブランドに対する一般の見解を理解するのに非常に役立ちます。

ベンチマーク

  • メディアパフォーマンスを競合他社と比較します。これにより、市場ポジショニングを確立するのに非常に役立ちます。

💡
DID YOU KNOW
メンションモニタリングとセンチメント分析、Meltwaterじゃなくてもあります

Meltwaterはその幅広いモニタリング領域においてはとても強いですが、あくまでソーシャルチャネルの管理を希望とする場合、少しオーバースペックかつ、ソーシャル専用ではないため投稿機能や分析機能で痒い所に手が届かない可能性が高いのも頷けます。

Meltwaterでソーシャル予約投稿はできるの?

MeltwaterはEngageという機能が含まれたプランを購入すると、ソーシャルメディアの予約機能も利用することができます。

承認ワークフローやタグ機能を利用することでソーシャルメディアマーケティングの充実度も高めることができます。

Meltwaterの価格は非公開?



Meltwaterの価格は公式には公開されておらず、顧客の規模やニーズによって異なります。しかし、以下のリサーチによって得られた情報から、ある程度の価格帯を把握することができます。

Meltwaterの機能と価格

私たちの調査によると、Meltwaterはユーザー一人当たり、年間6,000ドル(95万円)から10,000ドル(160万円)の費用がかかります。

 Meltwaterの料金は、企業の規模やニーズに応じて異なりますが、一般的には以下の要素に基づいて決定されます。

  • Essentials: 基本的なメディアモニタリングと分析機能
  • Advanced: 洗練されたアナリティクスツールとダッシュボード、無制限の検索機能
  • Suite: より充実した分析機能へのアクセス
  • Enterprise: 統合されたデータベース、AI生成による分析

1人当たりの価格が高額!価格の根拠(レビューの一覧)



Meltwaterの価格に関する正確な情報を得るために、実際のMeltwaterユーザーのコストに関する口コミを調べました。そして、多くの中小企業がMeltwaterを導入しようと考える際に、コスト面での懸念があることがわかりました。以下は実際のユーザーの声です。

2024年7月現在1ドル約160円

redditこちらのユーザーの平均価格は一人あたり年間約$12,000(1ヶ月あたり$1,000)です。最も低い価格は一人あたり年間約$8,000と述べています。

2024年7月現在1ドル約160円

ridditこのユーザーが述べているように、レポーティング機能だけで年間約1万ドルの費用がかかります。

riddit他の競合サービスと比較して、Meltwaterの価格はやや高めとされていますが、サービスの品質に満足しているユーザーも多いです。

あるユーザーは、「Meltwaterは非常に高機能で優れたツールですが、コストが高すぎて中小企業には手が届きにくいです。特に、必要なカスタマイズや追加機能が多い場合、その分のコストが大幅に上がります。」と述べています。(ユーザー: 中小企業のマーケティング担当者)


肯定的なレビュー

  • Meltwaterの使いやすさと強力な分析機能が高く評価されています。多くのユーザーが、Meltwaterの提供するデータの精度と詳細さを称賛しています。

    否定的なレビュー

「新聞メディアや雑誌メディア、ブログなど全てを統括しているが、全てに手を出しているだけあって、一つ一つの機能の質が満足いかない、行き届いていない。」という否定レビューは価格が高いし見合っていないとの指摘に結びついているのが特徴です。また、アグレッシブな押しの強いセールスとは対象に、一部のユーザーは、顧客サポートの対応に不満を持っているようです。



競合他社との比較


Meltwaterは強力なツールですが、他にも多くの競合ソーシャルメディアマーケティングツールがあります。以下に代表的なツールとその特徴を紹介します。


Meltwaterの対抗馬 Statusbrewの価格と機能

・Meltwaterのコストが高すぎるため導入に踏み入れない
・Meltwaterの機能をカバーするが低コストのツールがあれば知りたい
・「消費者感情の分析」としてソーシャル以外のメディアの連携は必要がない
・今年こそソーシャルメディアの管理を大規模組織でガバナンスを大切に行いたい
・大規模組織であっても驚くほど低予算で続けることを意識したい。
・ブランドのメンションモニタリングとアクティブサポートを開始したい。

この中で3つ以上当てはまる企業様には、Meltwaterの対抗馬であるStatusbrewをお勧めします。

Statusbrew

Statusbrewの美しいブランドメンションモニタリング機能

StatusbrewでもブランドSNSのメンションモニタリングがソーシャルリスニングと共に可能です。

Statusbrewのモニタリングダッシュボード

Statusbrewは、

X(旧)Twitter
Facebook
Instagram
LinkedIn
YouTube
Pinterest
TikTok
Threads
LINE
WhatsApp
Googleビジネスプロフィール
Google Play
App Store
Reddit

と14種類のソーシャルチャネルのブランドメンションを徹底的にモニタリングします。

特に、Instagramで「タグづけされたメディア」「タグづけされた投稿」「タグづけされたストーリーズ」なども見逃しません。

全て上記のソーシャル専用受信箱にチケット化され集約します。

アクティブサポートコメント監視を行いながら、ソーシャルリスニング(X、Instagram、Redditに対応)と同時に顧客のセンチメントを信頼度というスコアリングとともに統括したダッシュボードを提供します。

Statusbrewの競合+自社ベンチマーク設定とレポーティング

Statusbrewは238種類のソーシャルメディア専用の分析指標を兼ね備えた高機能アナリティクスツールでもあります。

ダッシュボードには競合分析など様々なテンプレートもありますが、

日本語対応しています

Statusbrewではこの238種類の分析指標と35種類の分析軸、そして多数あるフィルタリング、20種類のグラフ・チャートを使って自由自在にデータを引き出すことができます。

それだけではなく、データを多角的に見る二次元テーブルチャートや、「競合のパフォーマンス値を自社のベンチマークとして設定」して、そのベンチマーク(目標値)に達しているかどうか?もデータウィジェットの中でアラートとともに視覚化することもできます。

日本語対応しています

StatusbrewのSNSエディトリアルカレンダー

Statusbrewは、複数段階の承認制ワークフローやNGキーワードまたは必須キーワードに対する投稿の自動監視機能だけではなく、れっきとしたソーシャル専用エディトリアルカレンダーの役目を果たします。

Googleカレンダーのように、「大切なイベント期間」や「新作発売日」など、メモや計画をカレンダー上にドロップできるものです。投稿内容に直接関係があるなしに関わらず、組織内で周知しておきたい行事やタスクなどをわかりやすくカレンダー上に表示できるようになります。

気になるStatusbrewの価格と比較(機能つき)

Statusbrewは公式に3つの種類のプランを用意しています。(2024年7月現在)

Standard(スタンダード)プラン

  • 価格: 月額¥19,750(年間契約で約¥150,000円)
  • 対象: 小規模企業やスタートアップ向け
  • ユーザー数: 5人
  • 機能:

・無制限の予約投稿(Googleビジネスプロフィール付き)
・チームコラボレーション
・ソーシャル専用メンション受信箱
・基本的なレポート
・Eメールのカスタマーサポート

Premium(プレミアム)プラン

  • 価格: 月額¥44,750(年間契約で¥420,000)
  • 対象: 中規模企業向け
  • ユーザー数: 10人
  • 機能:

Standardプランの内容に加えて
・投稿のカスタム承認ワークフロー
・自社投稿の監視自動化機能
・コメント監視自動ルール機能
・Instagram商品タグ設定
・競合他社分析
・センチメント(スコアリング付き)分析

ソーシャルリスニングは ¥5,000/1000メンション

Enterprise(エンタープライズ)プラン

  • 価格: お見積もり
  • 対象: 大企業、大規模組織向け
  • ユーザー数: 15人以上
  • 機能:

Premiumプランの内容に加えて
・価格は今後または現在のスケールに合わせた大規模ディスカウント付きユーザー/プロファイル
・SalesforceやHubspot、ZendeskなどのCRMツールとの連携
・SOC2認証証明の提出
・Instagram商品タグ設定
・競合他社分析
・センチメント(スコアリング付き)分析

これらのプランは、企業の規模やニーズに応じて選択できるように設計されています。それぞれのプランが提供する機能は、ユーザー数と共に増加し、より高度なソーシャルメディア管理を可能にします。

この価格とともに、最後にMeltwaterとの価格の比較を紹介します。

機能

Meltwater

Statubrew

メディアモニタリング

○ 

ソーシャルリスニング

○ (X,Instagram,Reddit)

分析レポート

コンテンツ配信

チームコラボレーション

インフルエンサーマーケティング

価格(年間)

約5,000ドル(約80万円)~50,000ドル(約800万円)以上

¥150,000〜〜¥2,500,000

小規模企業向け
(5人以下)

約5,000ドル(80万円)〜
約10,000ドル(約160万円)

約1,548ドル
(約25万円)

中規模企業向け
(5〜20人)

約20,000ドル(約320万円)〜30,000ドル(約480万円)

約3,588ドル
(約58万円)

大企業向け

(20人以上)

約50,000ドル以上
(約800万円)

約5,988ドル
(約96万円)

Meltwaterは高機能で大企業向けのツールですが、その価格は高額です。
一方、Statusbrewは低予算で導入可能で、必要な機能を十分にカバーしています。特に中小企業や予算が限られている企業には、Statusbrewがより適した選択肢となることがわかります。

Statusbrewレビュー

Statusbrewは「大量のソーシャルアカウント管理」に強いです。

ITレビュー
ITレビューでは、全国展開している企業の「大量店舗のアカウントのソリューション」として大きな支持を得ています。

Statusbrew ITレビュー

Statusbrew導入のポイントとして、

1.各アカウントの投稿内容のチェック、FB
2.運用が滞りがちのアカウントのアクティブ化
3.店舗の運営管理者が担当エリアのアカウントの更新状況を確認しづらい
4.社員のSNSリテラシー向上
などが挙げられていたようですが、

Statusbrewを導入後、
・既存アカウントの更新状況やインサイトを一元管理、確認が可能
・会社としてふさわしくないNG投稿、あるいは他店アカウントにも共有したい成功事例を確認できるため、拠点数や社員数が多くてもSNSリテラシーの向上、ノウハウ共有に一定効果があり
・一括投稿機能を用いることで同一クリエイティブを一斉投稿し、キャンペーンなどの情報解禁時のアカウントごとのタイムラグを解消
・人員が不足している店舗のSNS運用にかかる工数を削減
といった成果があり、継続利用を経営判断しました。

と、巨大組織のアカウント監視統括に役立っています。

Gartnerレビュー

Gartnerレビュー
Gartnerのレビューによると、Statusbrewの価格設定は合理的であり、その機能は多岐にわたることから、企業のソーシャルメディア戦略において強力なツールであると評価されています。特に、エンタープライズ向けの機能が充実している点が高評価を受けています。

これらのレビューから、Statusbrewはコストに対して優れた価値を提供し、
多機能であることが分かります。

自慢の高確率ディスカウントあり!カスタムプランの一例


Statusbrewは、「大規模組織」「複数クライアントを抱える代理店」に強い企業です。
Statusbrewでよくある”実際の価格体系を紹介します。

<例1> 職員1000人規模の巨大行政組織
¥650,000 / 月額(年間一括支払いの場合は20%OFF)
XやFacebook等のアカウントを複数の関係者が同時に編集を行うために活用
ネイティブアカウントへの直接のログインをさせないことでガバナンスの構築と、複雑な承認ワークフローの設計

<例2>全国に600店舗展開するフィットネス系事業
650個のInstagramアカウントの予約管理とコメント監視による広告コメントの反応レポーティング
¥300,000/月額

<例3>世界的アパレルブランド
月 10万キーワードのXリスニングとその他250アカウントの管理
¥800,000/月額 (年間一括支払いの場合は20%OFF)
Xのリスニングは1000メンションあたり ¥5,000 / 月額

<例4>アメリカ全土に400店舗ある歯科クリニック
400個のGoogleマイビジネスの口コミ評価の回答管理
¥300,000/月額 

<例5>有名ティーカフェブランド
公式アカウント X, TikTok, Instagram, Threadsへのアクティブサポート体制と自動化の構築
Xリスニングメンション平均 3000
¥85,000 / 月額

<例6>日系大手メーカー
公式アカウント(日本語、グローバル向け英語)の承認フロー管理とレポート
150名のユーザー
¥200,000/月額

価格プランの特徴!大規模になるほどディスカウント
Statusbrewは一定のSNSプロファイル数やユーザー数を超えると、1個あたり/1名あたりの単価がグンと下がり、確かなスケーリングに対応しています。
例えばSNSアカウント数が200を超えた時点でパッケージ料金から、1つあたり¥500/月額の計上でのプランの組み直しをするため、一気に高額化にならず安心して長期的なソーシャル運用と予算計画を支援します。

グローバル拠点を持つ企業の味方:
日本チームと英語圏チームの徹底した連携とサポート

世界各国に拠点を持つ日本企業が、日本国外のソーシャルアカウントの集結と統括管理を行う際、オンボーディングやサポートなどをStatusbrewのグローバルチームが英語にて対応します。

サポートのランクが上がることでプランの料金に変動がないこともポイントです。

Statusbrewをおすすめする理由
1. コストパフォーマンスStatusbrewは、月額¥15,000円から利用可能なプランを提供しており、中小企業でも導入しやすい価格設定です。これにより、予算を抑えながらも高度なソーシャルメディア管理機能を利用できます。
また、創立2年以内のスタートアップ企業へは最大50%のディスカウントも提供しているため、新しいビジネスチームを支援します。

2. 使いやすいインターフェースStatusbrewのインターフェースは直感的で使いやすく、初めてソーシャルメディア管理ツールを利用するユーザーでも簡単に操作できます。これにより、導入後すぐに効果的なソーシャルメディア戦略を展開することができます。

3. 強力な機能セットStatusbrewは、ソーシャルメディアの投稿管理、エンゲージメント追跡、詳細なレポート生成など、必要な機能を網羅しています。これにより、ブランドのオンラインプレゼンスを効果的に管理し、顧客とのエンゲージメントを高めることができます。

4. 優れたカスタマーサポートStatusbrewは、迅速かつ丁寧なサポートを提供しており、導入時や運用中の問題にもスムーズに対応してくれます。これにより、ツールの利用に不安を感じることなく、安心して使用することができます。

まとめ
Meltwaterは確かに強力なソーシャルリスニングツールですが、その高額な費用と非公開の価格設定が、特に中小企業にとっては大きな障害となることがあります。一方で、Statusbrewは手頃な価格で強力な機能を提供し、使いやすさと優れたサポートを兼ね備えています。これにより、企業は効率的にソーシャルメディアマーケティングを展開し、競争力を高めることができます。もし、あなたの企業がソーシャルメディアの影響力を最大化し、コストパフォーマンスに優れたツールを探しているのであれば、Statusbrewを強くおすすめします。Statusbrewを導入することで、効果的なソーシャルメディア戦略を実現し、ビジネスの成長をサポートすることができるでしょう。

Hisami Matsubara

北インド発のソーシャルメディア管理&アナリティクスツールStatusbrewの日本支社代表です。日本市場の立ち上げのため、2019年単身で渡印し、インド在住5年目です。 「日本語でありそうでない」マーケティング知見を執筆します。 91年生まれ、岐阜県出身。少女漫画と文学作品、インドが好きです。

Statusbrewを使ってみませんか?

いつでもキャンセルできます